[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 報道チェック

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

報道チェック


報道チェック


(↑クリックで飛びます)

sankei20080311-01sankei20080311-02

李初枝

引用開始
------------------------
相続税28億円を脱税
相続税では過去最高


不動産賃貸会社などを経営していた父親の相続財産のうち約59億円を申告せず、相続税約28億円を脱税したとして、大阪地検特捜部は11日、相続税法違反(脱税)の疑いで、長女で韓国籍の不動産賃貸会社社長、李初枝(64)=大阪市生野区中川西=と、四女の不動産賃貸会社社長、李淑子(55)=同区桃谷=の両容疑者を逮捕。大阪国税局と合同で自宅や会社など関係先10カ所を家宅捜索した。相続税の脱税額としては、大阪のタクシーグループ元会長を抜いて過去最高

 李容疑者は自宅物置などに約58億円もの現金を段ボール箱などに入れて隠匿。同国税局の査察調査に対し、「父親と一緒に仕事をしてきており、自分のお金も含まれている」などと、相続財産の帰属について否認していたという。

 調べなどによると、李容疑者らは平成16年10月に父親が87歳で病死し、法定相続人となった。父親の相続財産は約75億円あったが、計約16億円としか申告せずに計59億3000万円を隠し、相続税28億6000万円を脱税した疑い

 同国税局の調査で、自宅に現金約58億円が保管されていたことを確認。大半の現金は段ボール箱などに詰められ、かつてはガレージとして利用していた物置に隠されていたという。

 相続財産は父親や家族名義の預金が主なもので、李容疑者らは、父親が入退院を繰り返すようになった数年前から口座をを解約し、現金化していた。

 相続税の脱税事件では、大阪府守口市の大手タクシー会社などで構成する「トモエグループ」の元会長=1審実刑判決、控訴=による脱税額24億9000万円が過去最高だった。

 また、昨年6月までの1年間で、全国で相続税の調査対象となった1万4061件の85・8%にあたる1万2061件で申告漏れが見つかり、課税価格は前年比5・0%増の4076億円だった。うち、悪質な資産隠しがあったとして重加算税の対象になったのは1820件あった。
------------------------
引用終わり






イルボンと同じ
ジェーキンを払ってるニダ!
ウリ達にシャンシェイケンを
よこすニダ!











寝言は
帰国して言え!


さて、ご覧の通り、また一つ在日超賤人の嘘が明るみに出ました。過去最高額の脱税だそうです。やはり、在日超賤人って叩けば埃が出るようですな。

ところで、上記記事は産経の記事なんですが、他社の記事も気になりますな。産経は

韓国籍

李初枝
容疑者

四女の

容疑者



と、ちゃんと実名で報道してます。
ちょいと他社も見てみましょう。

読売新聞
yomiuri20080311実名yomiuri20080311通名

実名報道なし





朝日新聞

asahi20080311実名asahi20080311通名jpg.jpg

当然、実名報道なし





NHK

NHK20080311
実名報道なし





毎日新聞

mainichi20080311実名mainichi20080311通名

実名報道・・・あり




!?!?!?!?!?!?




そ!そんなハズはない!
おい!!毎日新聞!
お前ら間違ってるぞ!

・・・い、いや。
本来のメディアとしては正しいんだが、お前らのスタンスはこうじゃねぇだろっ!
在日超賤人に乗っ取られた在日新聞だろっ!
義務も責任も誇りも何も持ってねぇのがお前らだろっ!
何で実名も報道しやがるんだ!
しっかりしろ!
お前らは、お前らは・・・




あっ!




通名のみ

(↑クリックで飛びます)

mainichi大阪20080311通名のみ01mainichi大阪20080311通名のみ02
抜粋開始
------------------------

過去最高となる約29億円もの相続税を脱税した容疑で、11日、大阪地検特捜部に逮捕された大阪市生野区の不動産・金融会社社長、清水初枝容疑者(64)。隠匿していた約59億円の大半は、現金のまま段ボールや紙袋に入れられ、自宅のガレージに置かれていた。海外口座を活用するなど財産隠しの手段が年々巧妙化する中、発覚したあまりに大胆な「巨額たんす預金」。近所の住民からも驚きの声が上がった。

 庶民的な民家が密集する大阪市生野区の住宅地に清水容疑者の自宅はある。延べ100平方メートルほどの小ぶりな2階建ての木造住宅。1階の一部はガレージとして使用していたが、そのコンクリートの上に、野菜や食料品の表記がある使い古した段ボール約50箱が無造作に積み上げられていた。約59億円もの現金は金融機関の帯封をしたまま、これらの段ボールに詰め込まれていた。

 父親の遺産はほぼ全額が金融機関の口座に残されていた。清水容疑者と、妹の石井淑子容疑者(55)はこれらの遺産を少しずつ引き出し、その都度、段ボールに詰めて自宅で保管。最終的にその額は約59億円に膨れあがった。父親が病気となった後、取引先だった信用組合が破綻(はたん)するなど金融不安が高まっていたことから、最も信用できる自宅で保管していたとみられる。

 清水容疑者の近所に住む人たちは「そんな大金が置いてあったなんて」と驚きの声を上げた。また石井容疑者を知る女性は「生活や服装は質素だったが、家業を継いでから目付きが変わって別人のようになった」と話した。

    ◇

 両容疑者の自宅には、11日午前7時ごろ、大阪地検特捜部の係官らが到着。両容疑者とも約1時間後の午前8時ごろ、係官に付き添われ、無言のまま自宅を出た。【福田隆、田中龍士、藤田剛】

毎日新聞 2008年3月11日 大阪夕刊
------------------------
抜粋終わり



こっちは通名のみの報道だ。実名がない。
しかも、この事件の地元の大阪。

ははははは!
(大爆笑)

なーんだ。
いつも通りじゃねぇか!
ふーっ。
やれやれだぜ。

まったくよ。
毎日新聞の東京本社の記事は、通名と同時に実名(本名)まで報道してやがる。
こいつぁ、産経の上を行くレベルの報道内容だ。

気を付けな。
毎日新聞よ。
そんなまともな記事書いた日にゃ、





































メディアかと
勘違いされるぜ



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ハラショーニダ! | HOME | もっと報道すべし>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。