[PR] 癒し 知らずに死ねるか! ハラショーニダ!

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ハラショーニダ!


ハラショーニダ!


(↑クリックで飛びます)

中央日報20080312-03中央日報20080312-04

引用開始
------------------------
<宇宙飛行士交代>
ロシアメディア
「コ氏、文書コピーし摘発」


韓国人初宇宙飛行士候補がコ・サンさんからイ・ソヨンさんに交代した背景には、コさんが規定を違反して2度技術文書をコピーして摘発されたからだとロシアメディアが11日、報道した。

日刊コムソモールスカヤプラウダはこの日、ロシア宇宙当局関係者の話を引用し「コさんが昨年9月と今年の2月、許可を受けないまま訓練中だったガガーリン宇宙センター外で宇宙飛行訓練関連文書を持ち出してコピーし、摘発された」と報道した。ロシア宇宙当局は最初の違反後、コさんに警告措置を取っただけだったが、2回目の事故が発生すると韓国教育科学技術部に知らせた。韓国側は長年の検証過程を通して選抜された宇宙飛行士候補のイメージを棄損させないため、ロシア側に事件に対して緘口することを要請したと新聞は伝えた。

コさんとイさんは2006年3月、ガガーリン宇宙センター入所時、訓練内容を外部に公開したり、センターで支給する装備や物品を外部に搬出したりしないという内容の覚書きに署名している
。ロシアは宇宙関連技術や情報流出を国家安保次元で厳格に統制しているからだ。軍事・科学技術分野の責任者セルゲイ・イワノフ第1副総理は昨年8月、輸出統制委員会会議で「主要情報技術流出を阻むために外国との航空宇宙協力事業を徹底的に見守る必要がある」と強調し、韓国を直接言及したことがある。

一方、アナトリー・ペルミノフロシア連邦宇宙局長は11日、ロシア日刊イズベスチヤとのインタビューで「コさんはスパイではなく好奇心が強く、もっと勉強したいと思っただけ」と述べた。またリアノ-ボスティ通信はコさんを近くで見守ったロシア宇宙専門家の言葉を引用し「コさんの知識欲、好奇心、制限されたプログラム以上のものを知ろうとする欲などが訓練過程で問題提起された」とし「この点が訓練センター指導部には不向きな宇宙飛行士の資質として映った」と指摘した。

しかしこの通信はまた別の宇宙専門家の言葉を引用し「宇宙飛行士の交代が来月8日に予定された宇宙飛行に少なくない問題点を起こしている」と報道した。コさんと違い、イさんはロシア語がうまくできずに問題だという。また第1搭乗者に選定されたコさんがイさんよりもっと深みのある訓練を受けてきたことからイさんがその訓練プログラムを早く履修しなければならないというのだ。2人が共に同じプログラムで訓練を受けて来たから宇宙飛行には何の支障もないというロシアと韓国政府の説明とは違いがある。

中央日報 joins.com

2008.03.12 09:27:35
------------------------
引用終わり





へー(棒読み)


(↑クリックで飛びます)

中央日報20080312-01中央日報20080312-02

引用開始
------------------------
<宇宙飛行士交代>コ・サンさん
「もうちょっと学ぼうと思って…」



「恥ずかしくない宇宙飛行士になりたくて少しでも多く見て、学ぼうと思い、ロシア側の決めた線を超えてしまいました
」--。

韓国人初の宇宙飛行士になるとされていたコ・サンさん(32)がロシア・ガガーリン宇宙飛行士訓練センターで反省の意を込めた電子メールを11日、韓国航空宇宙研究院に送った。彼は自分の手落ちで問題となったことについて、その過程を書いた。これまで声援してくれた人たちに「心から申し訳なく思う」という謝罪の意も伝えた。しかし自分がどうしてそのような行動をしたかについては明らかにしなかった

一部のメディアとネチズンは一種の陰謀説を提起した。航空宇宙研究院がコ氏にロシアの宇宙技術情報を収集するよう要請したのではないかという疑惑だった。それに対して研究院側がコさんに心境を書いた文を送ってくれと要請した。

コさんは「(ガガーリン宇宙人訓練センターで)宇宙に向けた夢を育てる間、常に幸せだった」とし、イ・ソヨンさん(30)がその夢を代わりにかなえてくれるので期待している。また訓練センターで残った期間、補欠であっても最善を尽くすと強調した。

意図せず初の宇宙飛行士となるイ・ソヨンさんも電子メールを送った。彼女は「急な交代に自分でも驚いているが、大韓民国の国民の大切な夢を宇宙に託してくる」と伝えた。また「初の宇宙飛行士の機会をありがたく受けとめる。これから韓国の科学技術に寄与し、恩を返していく」と書いた。

イさんは健康などに問題がない限り、来月8日、ロシアソユーズ宇宙船に乗って国際宇宙ステーションに向かう。

中央日報 joins.com
2008.03.12 10:55:54
------------------------
引用終わり





×
  間違い

超賤人は日本人に対してなら
何をしても良いと考えている。



  正解

超賤人は誰に対してでも
何をしても良いと考えている。




しかしまぁ、何処に行っても問題を起こす連中ですなぁ。

皆さんすでにご存じの通り、姦酷人初の宇宙飛行士がロシアの技術を盗もうとしたという記事です。勿論、中央日報はそんな事は書かず、知的好奇心によるものだとかああだこうだと擁護してます。しかし、2度に渡って注意や警告を受けたと自爆記事も書いてるので、むしろ、恥の上塗り状態になってますな。「恥ずかしくない宇宙飛行士になりたくて」ルール違反を犯すという超賤人エンターテインメントのハイクオリティーは、ちょいと日本人には真似出来ねぇレベルですな。

この盗人姦酷人って、うまく行けば姦酷では英雄になるハズだったんですよね。いや、宇宙飛行士としてじゃなく技術泥棒として。交代で宇宙に行く事になった補欠姦酷人も、


「初の宇宙飛行士の機会をありがたく受けとめる。
これから韓国の科学技術に寄与し、恩を返していく


と言ってるくらいです。どういう形になるのか知りませんが、世話になったロシアじゃなくて姦酷に恩を返すそうです。以前、日本の某メーカーが台湾企業と姦酷企業に技術を教えた時、台湾企業は


日本のおかげで、我々はこういう物が作れるようになった。
是非、台湾に来て我々が作った物を見て下さい。



と言ったのに対し、姦酷企業は、



ウリ達はこういう物を作れるようになったから、
イルボンはもう来なくて良いニダ。



と言ったとかいうエピソードを思い出しますな。

ま、何にしてもロシア側は十分注意すべきです。自分が悪い事したにも拘わらず、被害者であるという主張をし、反論出来なくなると火病るのが姦酷人です。ロシア側はすぐにでもこの盗人姦酷人を強制送還でもして、二度とロシアに入国出来ないような措置を執るべきです。

じゃないと、














































放火されるぞ



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<また盗人か! | HOME | 報道チェック>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。