[PR] 癒し 知らずに死ねるか! なるほど!

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

なるほど!




なるほど!


(↑クリックで飛びます)

チョン日報20040115-01チョン日報20040115-02

引用開始
------------------------
「独島は韓国領土」表記
1894年のフランス地図発見


記事入力 : 2004/01/15
18:33:25

独(トク)島を韓国の領土として明確に表示した1894年に製作されたフランスの地図が発見された。

 この地図は韓国と日本の国境線を東海上に明記しており、独島は鬱陵(ウルルン)島とともに「于山(ウサン)島(I.Ouen-San)」と表記されている。

 書誌学者の呉壽烈(オ・スヨル)氏は、最近入手したこの地図を15日、本紙に公開した。呉氏はまた、独島を「于山(独島の昔の名前)」と表記した大韓帝国学部編集局の「大韓全図(1899年度刊行)」と、独島に対して明記した光東書(クァンドンソ)局の小学生用教科書(1909年度刊行)もともに公開した。

 フランスの地図は日刊紙「ル・プティ・ジュルナル(Le Petit Journal)」の1894年9月3日付の日曜版別紙全面に掲載された挿入形式の地図。

 「韓国と日本、東中国の地図(Carte de la Cor e du Japon et de la Chine Oriental)」と題し、朝鮮(チョソン)や日本の地形、主な都市、道の境界や海上路などを精密に描いたこの地図は、韓半島と日本の間に点線を引き、「日本の海上境界(Limite des eaux japonaises)」という表記で海上の国境線を明確に表示した。

 この線は東シナ海から大韓海峡を経て、北緯39度まで続いており、「于山島」はこの線から約220~400キロメートル西寄りに表示されている。

 「大韓全土」は東海上に位置した「鬱陵島」の東方に小さな島を描き、「于山」と表記した。教科書「初等大韓地誌」は25ページに「于山島其東南に在する」と独島について記述している。

 愼廈(シン・ヨンハ)漢陽(ハンヤン)大学教授は「このフランス地図のように海上に明確な境界線を引き、独島の領有権を明らかにした地図の公開は今回が始めて」とし、「国権侵奪の直前まで韓国人は独島を紛れもない韓国の領土として考えていた。国際的にもこの事実が認められていたことを示す決定的資料」とした。

 日本は1904年の日露戦争の勝利で、それまで主人のいなかった独島を自国の領土としたと主張しているが、今回のフランス地図と大韓全土はこのような日本の主張が根拠のないことを裏付けている

兪碩在(ユ・ソクジェ)記者 karma@chosun.com
朝鮮日報/朝鮮日報JNS

------------------------
引用終わり










大爆笑




チョン日報の2004年の記事です。

先日、ウチのブログでまたバカが・・・(←クリックで飛びます)という記事を書きましたが、その記事で「証拠写真がないのは、独島の位置が違うからではないか」という発言をしました。しかし、それは、ちょいと違うようです。上記記事で姦酷側が「独島が姦酷領である証拠ニダ!」と主張してる文中の地図の写真を見ると、何と、



MER DU JAPON
(日本海)




と、思いっきり書かれてます。
もう一度、



大爆笑




なるほど!そうか!だから、こないだのチョン日報の記事には地図の写真がなかったわけだ。
しかも、上記記事は、2004年に報じられた記事ですな。さらに、両記事とも地図は1894年のフランスのジュルナルいう新聞で報じられたと書かれてますので、同じ地図であると言う事がわかります。

もう一度、


大爆笑



ついでに、もう一発行っておきましょう。



翌年もかよ!


(↑クリックで飛びます)

チョン日報20050227-01チョン日報20050227-02チョン日報20050227-03

引用開始
------------------------
「独島は韓国領」
連合国側資料の地図発掘される


記事入力 : 2005/02/27
18:51:18

第二次世界大戦後、連合国と日本の領土問題などを規定するため、1951年9月8日に調印されたサンフランシスコ条約を締結した当時、連合国が独島(トクト)を韓国領土と規定したことを示す地図が発掘された

 チョン・ビョンジュン木浦(モッポ)大学・歴史文化学部教授は27日、「最近、米国国立文書記録管理庁(NARA)で米国側の全権大使だったダレスの対日平和条約文書のとじ込みからこの地図を発掘した」とした。この地図は横82センチ、縦69センチのもので、英国・外務省の調査局で1951年3月に製作され、米国政府に送られたものだ。

 連合国・総司令部は1946年1月、日本政府に鬱陵(ウルルン)島と独島は韓国領土と規定する覚書を発表したが、日本が独島近海で操業を続けるなど問題を起こすと、1946年6月、「マッカーサー・ライン」を通して日本が独島で操業できないようにするなど、独島が韓国領土であることを改めてはっきりさせた。

 日本はしかし1951年に締結したサンフランシスコ条約で、済州(チェジュ)道、巨文(コムン)島、鬱陵(ウルルン)島とは違い、独島が韓国領土であると明確に言及した部分がないとし、「独島は日本の領土」と主張している。

 チョン教授はまた、日本の外務省が敗戦直後の1946年、「Minor Islands Adjacent Japan Proper」(日本本土に属する小さな島々)という英文冊子を連合国に配布しながら、鬱陵島と独島を日本領土と主張するなど、ロビー活動を展開していた資料も同時に公開した。

シン・ヒョンジュン記者 hjshin@chosun.com
朝鮮日報/朝鮮日報JNS
------------------------
引用終わり



2005年、つまり2004年の翌年のチョン日報の記事です。
この記事も「独島が姦酷領である証拠ニダ!」と主張してるんですが、記事中の証拠写真にはこれまた思いっきり



SEA OF JAPAN
(日本海)




と書かれてます。

さて、もう一度、


大爆笑




笑わせてくれますなぁ。
さらに、皆さんすでにお気付きだと思いますが、先日の記事と今回の2つの記事、いずれも超賤日報の記事です。いやぁ、これだから超賤人エンターテインメントって止められませんなぁ。一貫性がなく、有るのは矛盾だけと言う事に何時になったら気付くんですかね。事実を無視し都合だけを優先するからこういう事になるんです。


ってかさ。
チョン日報よ。
いい加減気付よ。
お前らが出して来る証拠って何の証拠なんだよ。

どれを取ってみても、


































自爆!
(涙目)





自爆!
(涙ぽろり)





自爆!
(号泣)




管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<だ、誰か来てー! | HOME | く、苦しいニダ・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。