[PR] 癒し 知らずに死ねるか! ええええっ!?

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ええええっ!?



ええええっ!?


(↑クリックで飛びます)

チョン新報20080326-01チョン新報20080326-02

引用開始
------------------------
大阪で2日間の街頭宣伝
「制裁」再延長許さない


日本市民らも参加
日本が単独で実施している朝鮮に対する「制裁」措置の期限が4月13日に迫るなか、各地で再延長に反対する声が高まっている。

 総連大阪府本部は17、18の両日にかけ、JR天王寺駅、森之宮駅、近鉄布施駅、地下鉄北加賀屋駅、梅田阪神百貨店周辺の5カ所で街頭宣伝を行った。

 220人の活動家、同胞らと共に「西大阪朝鮮初級学校アプロハムケ」「I女性会議大阪」「1%の底力で朝鮮学校の民族教育を支える会」をはじめとする日本の市民団体のメンバーら21人も参加した。

 JR 天王寺駅周辺で17日行われた街頭宣伝で、総連生野西支部の任宗孝委員長は「いつになったら祖国に荷物を送れるのか、子どもたちにはいつ会えるのかという顧問たちの問い合わせが今日だけで3件もあった」としながら、「日本政府による『制裁』は、在日同胞の人道問題と直接関連したものになっている。4月に期限を迎える『制裁』の再延長をなんとしてでも食い止めよう」と呼びかけた。

 それぞれの地域で行われた街頭宣伝に参加した活動家と同胞、日本市民らは、何ら効果のない「制裁と圧力」ではなく、対話を通じて問題を解決するべきだと道行く人々に訴えた。そのうえで、日本政府は在日朝鮮人の民族権利と人権を保護すべき道義的義務があるにもかかわらず、在日朝鮮人を「人質」とし朝鮮からなんらかの「譲歩」を引き出そうとしていると非難しながら、「万景峰92」号の入港禁止をはじめとする朝鮮への「制裁」措置を即時撤回するよう強く求めた。

 街頭宣伝に参加した女性同盟西大阪支部住吉地域協議体の責任者である宋京美さん(59)は、「久しぶりに街頭宣伝に参加したが、昔に比べると日本市民が無関心になったのでは」と述べながら、「多くの若者がもっと政治に興味を持っていれば朝・日関係はすでに解決していたと思う。微力ではあるが、多くの日本市民に今後も訴えていきたい」と語った。

 「西大阪朝鮮初級学校アプロハムケ」の有元幹明代表も、「『制裁』措置が問題の解決につながっていないということを訴え、再延長は許さないという世論を作っていかなければならない。一人の日本人として現在の状況を恥ずかしく思っている。今後も日朝平壌宣言の誠実な履行を求めて在日の人たちと手を取り合ってがんばっていきたい」と語った。

 大阪では2日間で1万枚以上のビラを配り、日本当局による「制裁」の不当性を広く訴えた。(李松鶴記者)



神奈川

 神奈川では15日、小田急大和駅前で日本当局による不当な「制裁」措置と在日朝鮮人に対する人権侵害に反対する街頭宣伝が行われ、総連神奈川県本部管下の活動家、同胞らが参加した。

 この日は、朝青が中心となって声を挙げながら400枚以上のビラを配り市民らに理解を求めた。

 総連神奈川では3月を集中期間に設定し、さまざまな形態でたたかいを展開してきた。

 21日には日本赤十字社に対する要請活動を行い、24日には「日本当局の不当な対共和国制裁措置延長と在日朝鮮人に対する人権侵害に反対する神奈川集会」を開いた。【神奈川支局】



西東京

JR立川駅では1000枚のビラが配られた

 総連西東京本部は18日、JR立川駅で本部、支部の活動家ら20人の参加のもと街頭宣伝を行った。

 参加者たちは「人道の船『万景峰92』号の入港禁止措置を即時撤回せよ!」などと書かれた看板を持って反対の声を挙げ、1000枚のビラを配り、「制裁」措置の不当性を訴えた。

 ビラを受け取り熱心に説明を聞いていたある日本市民は、「制裁」措置の不当性がわかったとしながら在日朝鮮人のたたかいに支持を表明した。また、駅を通った同胞や朝鮮学校の生徒らが駆け寄り、活動家らを激励する一幕もあった。


 参加者たちは、日本当局が措置を撤回するまでたたかい続けていくことを誓った。【西東京支局】

[朝鮮新報 2008.3.26]
------------------------
引用終わり






超賤総連の大自爆記事です。

「ウリ達は人質ニダ!」と主張し始めましたな。これ、我々にとっては都合がいい展開ですよ。バカ共は、とにもかくにも人権人権ですから、在日超賤人が人質と言うので有れば、祖国への帰国を真っ先に考え、出来るだけ早い段階で実行に移すべきです。いわゆる、人質解放って奴です。これにより、我々日本側にとっても在日超賤人達に帰国を促しやすくなり、何も知らない人達に「在日超賤人を帰国させよう」と呼びかける事も簡単になったわけです。

チョン新報の記事中では、この発言を行ったのは誰かとは書かれてませんが、超賤総連の街頭宣伝による発言である事からして、超賤総連の発言と理解していいでしょう。また、発言は「在日超賤人は人質」とありますので、ここは北超賤系在日超賤人に限らず、南超賤系(姦酷系)在日超賤人も含んでいると解釈出来ます。つまり、「在日超賤人はすべて帰国させるべきニダ!」と言ってるのと同じです。
いやぁ、良い風が吹いて来ましたなぁ。



さて、記事内容を見てみますか。


いつになったら祖国に荷物を送れるのか、
子どもたちにはいつ会えるのか



祖国に荷物を送る方法は、国交がない国の場合、国交がある国にある大使館に送ればいいんですよ。例えば、支那の北超賤大使館宛にね。実際、紛争中の祖国の家族や友人達に送ろうとしてた荷物や手紙が、国交がある国にある大使館に届けられてたなんてのは聞いた事ねぇですか?旧ユーゴやソマリアなんかそうですよ。北超賤は紛争地域ではないので(姦酷と未だ停戦状態のようですが)、送りやすいハズです。また、子供達に会いたいんなら会いに行けば良いだけです。在日超賤人は、自由に日本を出国出来るんですから、何の問題もねぇです。



何ら効果のない「制裁と圧力」


街頭宣伝を行ってる時点で、効果があると判断すべきです。ってか、元々国交がねぇわけですから協力する必要もねぇんですよ。また、協力するとなると我々の税金が使われるわけで、百害あって一利なしの北超賤との関わり合いに金を使うなんてバカげてます。




「多くの若者がもっと政治に興味を持っていれば
朝・日関係はすでに解決していたと思う。
微力ではあるが、多くの日本市民に今後も訴えていきたい」



これは、全くその通りですな。私、血祭も微力ではありますが、在日超賤人のデタラメぶりを多くの日本市民に今後も訴えていきたいと思います。



「西大阪朝鮮初級学校アプロハムケ」の
有元幹明代表



皆さん、この爺さん、覚えてますかね。北超賤から「親善勲章第2級」を貰ったじいさんですよ。一応、もう一度リンクを貼っておきましょう。



有元幹明


(↑クリックで飛びます)
抜粋開始
------------------------
有元幹明
「日朝友好のつばさ」の団長を務めた
有元幹明さんに聞く
「メディア報道と違う真の姿」


既報のように、「日朝友好のつばさ」の24人の日本人士らが4月30日~5月5日、大阪同胞祖国訪問団とともに、朝鮮を訪問した。訪問中、メンバーらは平壌市内と妙香山、開城市内と板門店などを見て回った。また、日本人としては初めて開城工業地区を参観した。団長を務めた「日朝国交正常化の早期実現を求める市民連帯、大阪」(市民連帯、大阪)の有元幹明共同代表に、訪朝の感想を聞いた。


-「親善勲章第2級」を授与されたそうだが。

 授与される直前まで何も聞かされていなかったので、とてもびっくりした。日朝運動を一生懸命やってきたのは事実だが、叙勲されるほどのことはしていないと思っていた。大阪府商工会に対し警視庁が強制捜索を行った際に、激励に行ったことや朝鮮学校を支援していることをとても高く評価してくれた。叙勲を機にさらにがんばらないといけないと思った。
 叙勲の際、楊亨燮・最高人民会議常任委員会副委員長や洪善玉・対外文化連絡協会副委員長らと話す機会があったが、日本の情勢にとても明るいことに驚いた。

大阪でもそうであるように、各地でも日朝運動をがんばっている日本人がたくさんいるはずだ。今後も地域で活動しながら、他地域の人たちとも手を携えてがんばっていきたい。(まとめ=李松鶴記者)
------------------------
抜粋終わり



あらっ?
今、気付きましたが、上記二つの記事に登場するのは有元幹明と李松鶴とかいう超賤人のようですな。つまり、有元幹明の行動を李松鶴が記事にするというわけですか。

随分と仲良しですな。
我々日本側は、そんな仲良しの二人を人質にするつもりはありません。













































とっとと
帰国しろ



管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<おいおい・・ | HOME | だ、誰か来てー!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。