[PR] 癒し 知らずに死ねるか! どっちなんだ?

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

どっちなんだ?



どっちなんだ?


(↑クリックで飛びます)

asahi20080329-01
asahi20080329-02

引用開始
------------------------
拷問・戦争・独裁逃れ…
在日女性60年ぶり済州島に帰郷へ


2008年03月29日15時16分

 東京に住む76歳の在日コリアン、金東日(キム・ドンイル)さんは31日、60年ぶりに韓国の済州島(チェジュド)に帰郷する。朝鮮半島が南北に分断された1948年に島で起きた民衆の蜂起で故郷を離れたままだったが、韓国で過去の見直しが進み、腰をあげる決心がついた。

帰郷を前に「島はすっかり変わっているだろうね」と話す金東日さん=東京都江戸川区で

 東京都江戸川区の小さな弁当屋で、金さんは土日も休まず店に立つ。ずっと故郷に足が向かなかったのは多忙だけが理由ではない。「またつらい目にあわされるのではないか」という不安が消えなかったからだ。

 48年4月3日に始まった済州島4・3事件だ。女学生だった金さんは、子どもにも容赦なく暴行を加える警察に反感をもち
、山にこもった武装隊の伝令役として制服姿で島を走り回った。

 軍や警察の包囲網が狭まり、山の洞穴に身を隠した。雪がつもり始めるころ山をおりたが、警察に見つかった。一緒にとらえられた年長の女性は銃殺。金さんも拷問を受けた。刑務所に移されるため、島から離された。

 出所後、半島南端の木浦(モッポ)の叔父宅に身を寄せていた50年6月に朝鮮戦争が始まった。木浦は数カ月で占領者が南、北、南と入れかわり、金さんは再び拘束された。当時の韓国は独裁政権下。密航船で祖国を後にした。母の死の知らせが入っても足を運べなかった。

 やがて、韓国では民主化が進んだ。軍事政権下ではタブー視されていた4・3事件も、金大中(キム・デジュン)大統領下の2000年には真相究明と犠牲者の名誉回復のための特別法ができ、03年には盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が島民に謝罪した。

 今年は事件から60年。済州道庁などが4月3日に島で開く節目の慰霊式に在日コリアンの関係者も招かれた。金さんは最初はためらったが、最後の機会になるかも知れないと思い、初めて旅券をつくった。

 済州島では、幼いころサザエをとった海をながめ、両親の墓参りをしたい。事件で死んだ仲間の生きた証しにと、好きなヒマワリの種をふるさとの山にまきたいと考えている。
------------------------
引用終わり






何が言いたいのかまったく分からないasahi.comの記事です。

これまでアサヒる新聞は、在日超賤人は日本に連行されてやって来た被害者であると主張してきましたが、この記事では全く別の歴史を紹介してます。「この在日超賤人の婆さんは苦労したんだ」というお涙頂戴記事なんでしょうか。でも、こんな事を書いた日にゃ、これまで報じてきた事は捏造だと認めたも同じです。


しかし、そこはアサヒる新聞。突っ込み所を提供する事を忘れてません。まず、この婆さんは密航者(不法入国者)である疑いがあるという事です。記事中に、


密航船で祖国を後にした


と思いっ切り書かれてます。アサヒる新聞は「祖国を後にした」とわざわざ遠回しの言い方で書いてますが、その密航船でどこに行ったのかというと日本ですから、アサヒる新聞の努力虚しく、日本に密入国したというのがバレバレなんですな。記事は、婆さんが苦労したという内容になってますが、何の意味も持たない事は言うまでもありません。勿論、こういった在日超賤人に対して、生活保護や税金の免除とか優遇措置を取るなどもってのほかです。いくら姦酷でつらい目に遭ったと言っても、この婆さんは強制送還の対象となる犯罪者という事ですよ。

しかし、日本人はお涙頂戴が大好きであり、「婆さんを助けてやれよ」という気になってしまう弱点があります。まぁ、そこに付け込まれてるわけなんですが、そういう私も「ちょいとぐらいなら助けてやってもいいんじゃねぇの?」という気になったりします。
記事をよく読んでみましょう。この婆さん、現在76歳だそうです。1948年に祖国を後にしたとか書かれてるんで、この婆さんが日本に密入国したのは、16歳の時と言うのがわかりますな。つまり、当たり前なんですが、元々婆さんだったわけじゃねぇという事です。記事を読んだ我々は、「婆さんじゃん」とか「もう年寄りだよ」とか「かわいそうじゃん」とかいう感情を優先させがちですが、密入国当時は「婆さん」ではなかったという事実を絶対に見逃してはならないと思いますよ。また、密入国は年齢に関係なく犯罪であるという事も忘れてはなりません。


でも、私もやっぱり日本人なんですなぁ。「この婆さん、密入国じゃなくて、せめて亡命だったらなぁ。」と考えたりします。と同時に「超賤文化ってやったもん勝ちだよな。」と言う事も思い出したりします。

まま、この婆さんが帰国するってのは良い事ですな。姦酷人なんだし、高齢者だし、祖国でのんびり余生を送ってもらって・・・





んっ!?



金さんは最初はためらったが、
最後の機会になるかも知れないと思い
初めて旅券をつくった。

 済州島では、幼いころサザエをとった海をながめ、
両親の墓参りをしたい。事件で死んだ仲間の生きた証しにと、
好きなヒマワリの種をふるさとの山にまきたいと考えている。





・・・・。
おい。
これって、まさか、








































単なる帰省か?



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<おっ!? | HOME | 悲願成就お断り>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。