[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 量産型の自覚

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

量産型の自覚




量産型の自覚


(↑クリックで飛びます)

チョン新報20080331-01チョン新報20080331-02

引用開始
------------------------
"「在日」の自覚芽生えた〟
同じ境遇、悩み、
思いを分かち合う


なぜ自分は朝鮮人なのか」「なぜ日本で生まれ育ったのか」などと悩み、問い、葛藤する生徒たち。東京学生会は、そんな思いに自ら立ち向かう自信と勇気を養い、進むべき道を自分自身で切り拓いていくために、さまざまな活動を繰り広げている。

 都内23区の中学、高校に在籍する同胞生徒らを網羅する東京学生会では、1年間サマースクールや各支部、ブロックなどで定期的に活動を行ってきた。19人の生徒たちは、その集大成となる文化公演「絆~きずな~」で、ここで出会った仲間たちとの「絆」を確かめ合った。

 公演の練習は、約1カ月間行われた。例年に比べ、練習日数も人数も少なかったが、観客に笑顔を与えるため、仲間との絆を深めるために、合宿も行って練習に励み、ときにはケンカをし、意見を出し合い、本気でぶつかり合いながら本公演を迎えた。

 会長の徐明莉さん(高2、練馬)は「初めは練習日数も人数も少なかったから、ただ焦って公演の意味など考えられなかった。だけど、毎日反省会をする過程で、観る人たちに笑顔を与え、朝鮮人としての自覚を持って生きていこうとしている姿を見てほしいと思うようになった」と話す。また、朝鮮人としてのプライドを実感させてくれ、同じ境遇だからこそ解り合える仲間と出会わせてくれたこの学生会を「ただの仲良しグループじゃなく、みんなで支え合い、助け合える本当の『絆』で結ばれた会にしていきたい」と意気込んでいる。

 初めて民族打楽器に触れ、チャンダンを奏でた金敬泰さん(中2、足立)。中学生が1人の中で不安もあったが、みんなが親身に接してくれたおかげで、すっかり打ち解けて、楽しく練習に参加できたという。サムルノリの演奏を終え「ミスした部分もあったけど、みんなで気持ちを一つにして演奏できたから、本当に楽しかった。これから中学生の仲間をどんどん増やしていきたい」とはにかんだ。

 生徒たちは、朝鮮語の歌も覚え高らかに歌った。「指導員が一つひとつ意味を教えてくれたから、朝鮮語の歌詞もすぐに覚えられたし、しっかりと気持ちを込めて歌えた」と話すのは李恵奈さん(高1、渋世)。「各支部に分かれてるけど、東京学生会は一つにつながっている。ほかの支部もみんなで助け合って、東京全体を盛り上げていくことが大切だと思う」。

 学生会を「卒業」した8人の生徒たちは、ここで培った絆を胸にそれぞれの道へと旅立った。

 演劇で正義感の強い熱血漢の会長・基柱役を演じた梁弘三さん(高3、台東)は、「限られた時間の中で、一人ひとりが必ず成功させたいという気持ちで舞台に立ったから、いい公演ができたと思う。『この公演を通して何が残るかな?』と問い続けてきた。この間、何度も話し合ってみんなの考えが変わったし、傍にいる仲間との距離がとても近くなった」と笑った。

 舞踊と重唱に出演した金宣希さん(高3、渋世)は、「学生会を通じて『在日朝鮮人』としての自覚がはっきりと芽生えた。初めはただ楽しいだけだったが、活動を続けるうちに考えが深まり、いろんなことが見えるようになった」という。「ただ『在日』ということを知っているのと、自ら自覚して『在日』の魂を持って生きていくのは違うと思う。学生会はそんなことも教えてくれた大切な場所。死ぬまで『在日』! 本当に大変なのはこれからだろうから、同じ悩みを分かち合える仲間たちとずっとつながっていきたい」。

 公演成功に向け、生徒たちをサポートしてきた同公演実行委の安明蘭事務局長(朝青東京都本部日校学生対策部長兼朝青渋世支部委員長)は「公演のテーマを考えながら、自分たちがどう生きるべきかが解るようになったと思う。日校生の気持ちをわかって、呼びかけられるのは彼らだけ。もっと仲間を増やせるように活動に励んでほしい」と話した。

 学生会を「第2の家」と口をそろえる生徒たちは、朝鮮人という目には見えない強い「絆」で固く結ばれた。ここで得た大切な「絆」を胸に、これからもまた新たな仲間とのすばらしい出会いを紡いでいくことになるだろう。(文=姜裕香記者、写真=文光善記者)

[朝鮮新報 2008.3.31]
------------------------
引用終わり




チョン新報の記事です。
配信者が配信者なので何処まで真実なのか疑問ですが、こんな内容の記事はほとんど真実ではないかと思えるところが凄ぇですな。




なぜ自分は朝鮮人なのか


外国生まれとか外国生活経験者なら、文化の違いや習慣の違い、考え方とかモラルの違い等により自分が他とは違うと感じたりするのはよくある事です。まぁ、「なぜ自分は超賤人なのか」と言われると、私としては「お気の毒」とか「ご愁傷様」ぐらいしか言えねぇですな。



なぜ日本で生まれ育ったのか


答えは簡単。せっかく日本側は帰国支援をしてきたのに、先祖が帰国しなかったからですよ。また、最近日本にやって来た連中なんかは、単なる親の都合とかそんなもんじゃねぇですかね。


さて、記事は「ウリ達は頑張ってるニダ!」系の内容ですな。んで、頑張った結果「絆」が出来たそうです。しかし、ここで重要なのは「超賤人」ではなく「在日」としてという点でしょう。記事中にある発言を読むと、


『在日朝鮮人』としての自覚がはっきりと芽生えたニダ!
自ら自覚して『在日』の魂を持って生きていくのは違うニダ!
死ぬまで『在日』ニダ!
マンシェーニダ!!


とあります。
つまり、奴らは自分達が外国人(日本側から見たら害国人)であるという意識があるわけです。また、「死ぬまで在日」と言う発言から、奴らには帰国の意思がないと判断出来ると思います。さらに、超賤総連からすれば、日本に居座って「超賤総連関連の施設に対して減税するニダ!」「ウリ達はイルボンサラムにシャベチュされてるニダ!」「ウリ達はイルボンに対して、何をしても良いニダ!」と言う発想を持つ工作員予備軍を確保出来てると言えるかも知れません。

記事後半にある公演実行委の安明蘭事務局長(朝青東京都本部日校学生対策部長兼朝青渋世支部委員長)の発言を見てみましょう。

公演のテーマを考えながら、自分たちがどう生きるべきかが解るようになったと思う。日校生の気持ちをわかって、呼びかけられるのは彼らだけ。もっと仲間を増やせるように活動に励んでほしい


だそうです。記事内容からすると、これまた帰国せず日本に居座るという意味だとわかります。自分達が在日超賤人であると自覚して生きていこうと言いたいようですが、これ、単なる開き直りにすぎません。一応、記事中に超賤人である誇りとか書いてますが、帰国したくないという本音をはぐらかし、自分達を納得させるためにすぎないと言えるんじゃねぇですかね。


でもね。こんな記事書いたり、演劇を公演したところで、真実を知る我々の認識は変わりません。

在日超賤人って、
ただ単に、
日本に















































寄生してる
超賤人にすぎない



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<不要 | HOME | おっ!?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。