[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 養成所開校

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

養成所開校




養成所開校


(↑クリックで飛びます)

yomiurikansai20080407

引用開始
------------------------
3か国語磨きたい、
コリア学園で初の入学式
…大阪


◆中高1期生26人

 大阪府茨木市の中高一貫のインターナショナルスクール「コリア国際学園」(KIS)の初めての入学式が7日午後、同市内のホテルで行われ、中、高等部の1年生計26人が1期生として新学期のスタートを切った。

 韓国系、北朝鮮系の国家の枠にとらわれない教育を目指し、姜尚中(カンサンジュン)・東大教授(政治学)ら在日コリアン有志がNPOを設立して準備してきた。

 耐震強度偽装事件のあおりで建築確認手続きが遅れたほか、一部地域住民の反対運動などもあって、校舎完成が8月にずれ込む見通しで、それまでは韓国・ソウル郊外のフリースクールの一室や、大阪市内のビルなどで授業を行う。

 1期生は中等部11人、高等部15人。大半は関西在住の在日コリアンだが、日本人と、韓国からの留学生も各1人いる。入学式では学園長で詩人の金時鐘(キムシジョン)さんらがあいさつした。

 授業は韓国語、英語、日本語の3か国語で行うといい、新入生代表で中等部の朴苑眞(パクウォンジン)さん(12)は「外国語に興味があるので語学力を磨き、世界で役に立つ仕事をしたい」。高等部代表で唯一の日本人生徒の今庄貴博君(15)は「日本語しか話せないけれども、不安はない。いろんな文化や習慣を知ってたくさん友達をつくりたい」と笑顔で話した。

 現在は私塾扱い
だが、今年7月学校法人の設立認可を申請、各種学校を目指す。
(2008年4月7日 読売新聞)

------------------------
引用終わり





読売の記事です。

去年、ウチのブログでも取り上げた養成所が開校したようですな。「世界に通用する真の国際人を作る」とか言ってんのに、「コリア国際学園」を名乗るというキチガイぶりを見せつけてくれた、例のアレです。「世界に通用する超賤人の反日工作員を作る」と言えば、しっくり来ます。ちなみに、webサイトを見ても思いっ切りハングルが目につきますので、やっぱり学校ではなく養成所のようですな。

この養成所を応援してるタコスケの中に寺脇研がいます。日本人に対してはゆとり教育という愚民化政策を実行しておきながら、在日超賤人にはエリート教育を施すというとんでもねぇ売国奴です。ちょいと、面白ぇ文章を見つけたので、貼っておきましょう。



和田秀樹公式サイト


(↑クリックで飛びます)



引用開始
------------------------
汚いぞ!寺脇研


先日、とあるテレビ番組から、来年から実施される新学習指導要領とゆとり教育の問題点について、文部省の役人とスタジオで議論してくれと誘いを受けた。
 このメルマガ・ホームページの読者の方なら、私がこれまで、どれだけ激しく、ゆとり教育政策の危険性や諸外国の教育政策との逆行を論じ続けてきたことはご存知のことだろうが、小泉首相が、来年から円周率の計算でおよそ3を使うことを知らなかったように、この危険性が広く国民に共有されているとは思えない。
 私としては、高視聴率のその番組で議論することは、そういう世間の人に、ゆとり教育の危険性を知ってもらうチャンスと大喜びで引きうけた。

 ところが、数日後、その番組の担当者が、申し訳なさそうに、「文部科学省の寺脇審議官が、和田と議論するのなら出ないと言っている。文部科学省の当事者が出ないと番組が成立しないので、辞退してほしい」と電話してきた。
 もちろん、この話の真偽はわからないが、収録が数日後ということを考えれば、やはり事実と考えざるを得ない。寺脇氏とは、週刊誌や討論番組で何度も議論してきたのだが、ここに来て急に態度を変えた理由もわからないではない。同じ議論をするにしても、情緒的にゆとり教育に怒る人を相手にするのと、外国やさまざまなテストのデータをもって、数字で反論する人を相手にするのでは、後者のほうが 文部科学省の現行の政策を推し進めるためには危険だと判断したのだろう。実際、これまでのさまざまな寺脇氏との議論と違って、はるかに視聴率の高い番組での議論なので、国民への影響力もはるかに大きい。番組に圧力をかけても、私とディスカッションしたくないというのは本音だろう。

 いずれにせよ、番組の側としては文部科学省の人間が出ないと番組が成り立たない。結局、誘われた際に撮ったビデオで私が問題提起し、寺脇氏がそれについて論駁する形をとることになった。私はスタジオに入れないのでその説明への反論 はできない。私としては、その際に撮ったビデオのオンエアを拒否しようと思ったが、大人気ないので、それは控えることにした。
 これが、朝まで生テレビのような番組でなら、「文部科学書の寺脇氏が出ないと言ってきた」とでも、田原氏が言えば、それでそのメッセージを伝えることができるだろうが、その番組は視聴率が高い代わりに、娯楽番組でもあるので、文部科学省の言いなりになっても、寺脇氏に出演してもらわないといけないのだろう。
 これは、国民への愚弄であるし、大変危険な情報操作である。
 国の教育政策のような大事な問題について、データをもつ反論者を出すのならテレビに出ないと脅しをかけ、本来の問題点が表に出ないようにすることが許されるなら、優秀な官僚が国民を納得させるなど朝飯前だからだ。

 たとえば、小泉首相や田中外相への討論番組をテレビで企画して、手ごわそうな論客が出るのなら、小泉氏や田中氏が出ないといったらどうだろう。テレビの側は、もちろん小泉氏や田中氏が出ないと番組が成立しないので、当然言いなりになるだろう。もちろん、その論敵が外されたことは表に出ることはなく、できの悪い論敵を論破する小泉氏や田中氏の頭のよさがさらに国民にアピールされることになる。彼らがそんなことはしないと信じているが、やる気になればできるという点で背筋が寒くなった。そうすれば、どんどん自分たちのやりたいように政策を進めることができる。それがよいものであっても、国にとって危険なものであっても。
 実際、今でも行われているのかしれないが、役人たちはマスコミが自分たちに都合の悪い情報を報じた際に、記者クラブから外すなどという脅しをかけるようなことが日常茶飯事に行われていた
という。都合のいい情報だけを聞かされ、国の政策を信用した結果が、莫大な国や地方の借金や、干拓による生態系の破壊という形になって現れるのである。

 いずれにせよ、情報操作の結果、官僚や政治家の政策が、いかに愚作であり、売国的なものであっても、まかり通るどころか、国民の歓迎を受けることもあるだろう。
 たとえば、今回のゆとり教育にしても、国民がだまされて、日本の子どもが外国に学力で負けたり、塾に行けず、義務教育に頼らざるを得ない子どもがダメージを受けても、後の祭りである。
 影響力の小さい著書などでは反論を受けるが、多くの大衆が見て、情緒的煽動をしやすい娯楽討論番組では反論者を受け付けない寺脇氏のやり方に情報操作の恐ろしさを痛感した。さらに言うと、役人や政治家が、自分たちの進める政策についての討論番組で相手を論駁したとしても、ひょっとしたら、それは役人や政治家が選んだ論敵であるという出来レースである疑いをついもってしまうようになったのだ。
------------------------
引用終わり

上記引用元:ヒデキワダ・ドットコム
(↑クリックで飛びます)





寺脇一問一答


(↑クリックで飛びます)

寺脇研

引用開始
------------------------


Q.ゆとり教育がいろいろな意味で変わりつつあります。

 「あれはいいもんだった」とみんな思い始めていると思う。
1977年から「脱・詰め込み教育」が始まった。(それまで)みんな横並びで、個別教育をしなかった。個別教育を変えるというやり方で進めてきた。算数が得意な人には算数をたっぷり勉強してもらって、苦手な人にはたいがいでいい、それを1992年くらいから準備していた。いま争点となっている2002年からの教育がいいかわるいかというのは、1995年生まれくらいの人を見ないとわからない。



Q.ゆとり教育は当時の民意がもとめた結果なのでしょうか。

 臨時教育審議会で出した報告について、特段の反対もないのでやってきた。ゆとり教育というよりも、それまでの画一主義教育をやめるのが大テーマだった。そのことには、国民も賛成、政治家も賛成、というものだった。



Q.教育行政にかかわる上で、ご自分が受けた教育の影響はありましたか。

 (影響は)受けていない
。詰め込み教育の時代だったが、(文科省でゆとり教育を)すすめているときは言いにくかったが、私は教育の恩恵は受けていない。自分の力で育ってきたと思っている。自分で必要なことを勉強し、力をつけてきた。
 学習は個人が主体だ。自分が知りたいことを自分で調べた。今ならインターネットがあるが、本を読んだ。
 大学へ行くための受験勉強は身につくものではない。受験のための勉強だから、受験が終わればおしまい。受験勉強は自宅でやっていた。学校の授業には、ほとんど出ていない。
 そういって大学に入っていながらも、あまり行かなかったが、ゼミなどがあるから、少しは教育の恩恵を受けた。
------------------------
引用終わり
上記引用元:JANJAN NEWS
(↑クリックで飛びます)

















































寺脇こそ
教育が必要では?



管理人血祭にメールする


スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<姦酷人の実績 | HOME | 素質>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。