[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 姦酷人の実績

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

姦酷人の実績



姦酷人の実績


(↑クリックで飛びます)

sankei20080407

引用開始
------------------------
不法残留20年
韓国人夫婦が提訴
「実績評価して」


2008.4.7 00:56

約20年も不法残留し、東京都内で焼き肉店を経営している韓国人夫婦が、退去強制処分の取り消しを求める訴訟を東京地裁に起こした
ことが6日、分かった。夫婦の代理人によると、これほど長期間の不法残留者の処分取り消し訴訟は極めて珍しいという。夫婦は「いまさら『国に帰れ』は酷。日本での生活実績を評価してほしい」と訴えている。

 提訴したのは、姜柄勲(カン・ビョンフン)さん(53)夫婦。訴状によると、夫婦は昭和63年に短期滞在資格で入国し、そのまま飲食店従業員として働いていた。平成16年に東京・池袋で焼き肉店を開店。同店のオーナーとして約20人の日本人を雇用して経営に当たっていた。

 夫婦は18年、法的に不安定な立場を解消しようと、自ら東京入国管理局に出頭。在留特別許可を申請したが認められず、昨年末から茨城県牛久市の入管施設に収容されている。

 夫婦には不法残留以外の違法行為はない。韓国に生活拠点がないため、帰国させられれば生活に困ることは明白という。夫婦の知人らは、処分取り消しを求める署名活動を始めている。

 代理人によると、長期間平穏に生活していたことを理由に退去強制処分の取り消しを認めた裁判例は、地裁判決が1例あるだけ。このケースも高裁で原告が逆転敗訴し、最高裁で敗訴が確定している。訴えが認められるのは、かなり難しいとみられる。
------------------------
引用終わり






sankeiwebの記事です。
また、都合が良い事のみを主張してるバカがいますな。

のっけから


日本での生活実績を評価してほしいニダ!


と、気が狂った事をホザいてますが、彼らの生活実績、すなわち不法滞在と不法労働を20年もの間続けたという明らかな違法行為を評価するバカはいません。滞在許可失効時から不法滞在になりますから、20年間でざっと172800時間も犯罪を犯し続けた計算になります。”犯罪を犯した”ではなく、”犯罪を犯し続けた”という点を見逃すべきではありません。
不法滞在ってのは、犯罪です。法に則った滞在を許可されるわけですから、その範疇を越えれば犯罪なんです。こういう我々からすれば簡単に理解出来る事でも、姦酷人には理解出来ねぇんでしょうなぁ。そもそも、法やモラルの概念がねぇんですから無理もねぇかも知れませんが、それならそれで法を教えるためにも国外強制退去を勧告し、金輪際、日本入国を許可しないという処分を与えるべきですな。そうでもしないと、他の姦酷人も「イルボンは甘いニダ!」とつけ上がって、平気で日本国内で犯罪を犯すという結果に繋がります。絶対に許してはなりません。
ちなみに、この姦酷人、モラルもねぇですな。法的に不安定な立場を解消したいとかホザいてますが、こんなの嘘っぱちです。最も法的に不安定な立場だったのは、来日当初である事は明白だからです。今になって立場を解消したいと言い出したのは、「もうそろそろいい頃ニダ!」という考えがあったからに他ならないでしょう。こんな簡単な嘘を平気で吐いて、よく恥ずかしくねぇもんですなぁ。



上記記事の姦酷人は、法やモラルという概念がありません。しかし、上記記事の姦酷人が特別な姦酷人というわけではないという記事を貼っておきましょう。


本場の実績


(↑クリックで飛びます)

チョン日報20071023

引用開始
------------------------
【社説】無法者がはびこる大韓民国の現実


記事入力 : 2007/10/23 12:30:31

貨物連帯の労働組合員300人が20日午後、京釜高速道路下り線で望郷休憩所(サービスエリア)管理事務所前でデモを行っていた際、参加者のうち30人が管理事務所に乱入し、1時間半にわたって暴行騒ぎを引き起こした。組合員らはソウル大学路で開かれた「貨物・鉄道共同闘争本部」発足集会に参加した後、同じく全国民主労働組合総連盟(民労総)に所属し、現在労使紛糾が続いている望郷休憩所労組の組合員らを支援するとし、望郷休憩所に移動し、こうした事件を引き起こした。

 管理事務所の監視カメラ3台に録画された映像には、組合員らがとがったつるはしでファクス機器を破壊し、スコップや消火器でまどガラスを割り、職員6人に暴行を加える様子が記録されていた。現場には近くの派出所から駆けつけた2人の警察官がいたものの、何の処置もとれないまま、組合員らにプラスチック製のイスを投げつけられ、安全を確保するのが精一杯の状況だった。この日休憩所に立ち寄った市民や、休憩所で働く職員らは、突然の無法行為にどれほど肝をつぶしたことだろう。組合員らはこの騒ぎの後、望郷休憩所労組の組合員が準備していたどぶろく8箱を飲み干し、バスに分乗して悠々と出発したという。

 一方21日には、全米女子プロゴルフ協会(LPGA)ツアーの3日目の競技が開かれていた慶州のゴルフ場で、強風による試合の中止に反発したギャラリーたちが暴れる騒ぎがあった。試合の中止が発表されると、500人余りのギャラリーが入場料の払い戻しに加えて交通費の支給まで要求し、50分にわたってペットボトルを投げたり、罵声(ばせい)を浴びせたりした。こうした状況の中、事情を知らずにサインを求めるファンに応じようと外に出てきた外国人選手に中指を立てて怒鳴りつけた観客もいた。そのため恐れをなした外国人選手らは逃げるようにゴルフ場を後にした。

 ゴルフ大会の運営規定には、暴風雨や雷雨のような悪天候の場合、所定の手順に沿って試合の延期や中止の処置を行うことが定められている。ギャラリーたちも、天候が急変する可能性を念頭に置いた上で、ゴルフ場に足を運ぶよう求められているのだ。この日、韓国人の観客が国際大会の会場で繰り広げた暴力的な言動は、それを目撃した外国人選手によって世界に広まることだろう。これほど情けない話があるだろうか

 これらの労働組合員やゴルフ場のギャラリーたちからは、秩序や品位といったものがみじんも感じられない。彼は自分の気が済むまで、ただ暴れるだけ暴れたに過ぎない。大韓民国はこのまま、暴力の横行する無法地帯となってしまうのだろうか。
朝鮮日報/朝鮮日報JNS
------------------------
引用終わり



チョン日報の記事です。
さすが、超賤エンターテインメントの地元は違いますな。やる事なす事、我々には真似出来ない活躍を見せてくれます。記事の最後に「誇らしいミンジョクニダ!」と書いてくれれば完璧だったんですが、ホントにチョン日報ってたま~にまともな事を書きやがるんで、調子が狂っちゃいます。



ところでさ、姦酷人よ。



















































東方儀礼の国
って、
何処だっけ?



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<論点? | HOME | 養成所開校>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。