[PR] 癒し 知らずに死ねるか! これは嘘!

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

これは嘘!



これは嘘!


(↑クリックで飛びます)

the daily nk 20080424-01the daily nk 20080424-02

引用開始
------------------------
“北送在日同胞
1世代目は‘ひどく後悔’
, 2世代目は‘親への恨み’”


“帰国者の多くが下層階級に…華僑がうらやましい”
梁貞兒記者
[2008-04-24 16:36 ]
日本が北朝鮮に対する経済制裁措置を更に6ヶ月延長することを決定し、日本から北朝鮮に帰国した海外同胞がより大きな絶望感を感じていることが分かった

対北支援団体である良い友が23日に配布した消息誌で、“帰国者たちはこの間、日本にいる親戚からわずかでも助けを得て生計を維持してきたが、(北朝鮮が核実験をした)2006年に日本の対北経済制裁が始まり、瞬く間に奈落の底に落ちた”と伝えた

日本は11日に万景峰92号などの北朝鮮船舶の入港の禁止、北朝鮮の国籍を持つ者の入国の禁止、北朝鮮への輸入の禁止などを含んだ対北経済制裁措置を、6ヶ月延長することを決定した。今回の措置は2006年以後3回目である。

消息誌は“現在、この人たち(日本からの帰国者)の生活水準は本当に悲惨である”と伝え、“北朝鮮の住民は親戚や友人の中に幹部がいたり、様々な人脈を通じて助けを借りるが、日本からの帰国者の多くは人脈がないうえ、差別までひどくて下層階級の生活から抜け出せないでいる”と説明した。

日本の朝鮮総連が主導し、1950年代後半から始まった帰国事業で、10年間で約9万3千人の在日韓国・朝鮮人と日本人の家族が北朝鮮に渡った。当時、北朝鮮政府は社会主義体制の優越性を宣伝し、帰国者たちに財産と職位を保障すると約束した。

消息誌は“だが現在、多くの帰国者の1世代目はひどく後悔しており、2世代目はそうした両親を恨んでいる”と伝えた。

特に、今は日本に残っている家族や親戚までも、“あのように反対した時は我を張って行って、今になって後悔するとはどういうことか。あなたがよいと言って行ったのではないか”と冷たい態度であるという。

帰国者1世代目のコ・チュンヒョンさん(74歳)は、“国家レベルで行くことも来ることもできないように完全に遮断したら、一体どうやって暮らしたらよいのだろうか。1、2回だけでなく、また遮断してしまったら再び生き残ることができるのか。もう自信がない”と語った。

また、“子供たちの前で罪人だ。私は死んでももうそれまでだが、何も知らずに親について来た子供たちに何の罪があるのだろうか”と言い、“どうか子供たちを生かしてほしい”と訴えた。

帰国者の2世代目のソ・キュファンさん(42歳)は、“幼い時は日本にいる叔父が送ってくれた服や菓子が多くて、よく食べてよい生活ができたことを覚えている”と述べ、“今となっては夢のような昔のこと”と心情を打ち明けた。

ソさんは“うちの子は今、華僑をうらやましがっている”と言い、“母国(中国)がよい暮らしをしているので、随分その恩恵に浴しているのではないだろうか。ここの住民(北朝鮮の住民)も華僑の家で働くことが夢だと言うほど”と述べ、ため息をついた。
------------------------
引用終わり





The Daily NKの記事です。
お涙頂戴記事ですが、まったくのデタラメ記事と言えますな。


超賤総連は「経済制裁はまったく効いてねぇニダ!」と言ってたじゃねぇですか。何でこんなデタラメ記事を書くんですかね。なんたって北超賤ってのは「地上の楽園」ですよ。こういうデタラメ記事に騙されてはいけません。帰国して何年経ってると思ってやがんですかね?未だに日本からの援助がねぇと生活出来ねぇなんて、考えらんねぇですな。しかも、家族が増えるだけじゃなく、3世まで続いてんですから、いくらオツムがおかしいったって自立してねぇ方がおかしいです。

これ、自分の意志で帰国したわけですよね。んで、身内連中からもその事を指摘されて、冷たい態度を取られてるわけですから、我々日本側は、何の関係もねぇという事です。このデタラメのお涙頂戴記事を書いたThe Daily NKは、我々日本側に何かを主張したいんでしょうが、超賤総連は「経済制裁はまったく効いてねぇニダ!」と言ってる事を思い出し、この記事に騙されないようにしましょう。


ところで、こんな記事を見つけました。



当然の結果


(↑クリックで飛びます)

mainichi20080424

引用開始
------------------------
朝鮮総連課税訴訟:
2審も請求棄却
/東京


在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部ビル(千代田区)に固定資産税などを課した都の措置は違法として、総連側が課税の取り消しを求めた訴訟で、東京高裁(富越和厚裁判長)は23日、課税を正当と判断した1審・東京地裁判決(07年7月)を支持し、総連側の控訴を棄却した

 都は03年度から旅券発給業務の使用部分を除いた建物と土地を対象に、年4200万円余の国定資産税や都市計画税を課している。総連側は「北朝鮮の大使館的な活動を行っている」と公益性を強調したが、判決は「北朝鮮から正規の権限を与えられた機関ではない」などと退けた。【銭場裕司】

毎日新聞 2008年4月24日 地方版
------------------------
引用終わり





ありゃぁ、大変ですなぁ。在日超賤人の皆さんにとっては、とんでもねぇ差別と言いてぇでしょうなぁ。いや、弾圧ですかね。在日超賤人の皆さんにとっては、日本は住み難い社会になりつつあり、我々にとっては、住み易いまともな社会になりつつあると言えます。




一応、言っておきますがね、北超賤系在日超賤人の皆さん。
皆さんにとっての祖国は北超賤ですぜ。
地上の楽園って所です。
日本は、我々日本人の国であり、在日超賤人は日本人とは区別されるのは当たり前です。
日本人ではなく、害国人ですから。
在日超賤人の国じゃねぇんですよ。
害国人である在日超賤人の都合を優先するなんて事は、あっちゃいけねぇんです。


北超賤系在日超賤人の皆さん。
我々の日本を










































超賤人の
楽園だと思うな



管理人血祭にメールする



スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<意味不明 | HOME | 選べるのか?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。