[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 当然!

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

当然!




当然!


(↑クリックで飛びます)

sankei20080425

引用開始
------------------------
学生無年金障害者訴訟
2審も敗訴
在日訴訟も棄却


2008.4.25 22:48

 学生時代に重い障害を負い、任意加入だった国民年金に20歳以上でありながら加入していなかったため障害基礎年金が支給されない学生無年金障害者10人が、国などを相手に不支給処分の取り消しと1人当たり2000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、大阪高裁であった。

 渡辺等裁判長(安原清蔵裁判長代読)は原告側の請求を退けた1審・大阪地裁判決を支持、原告側の控訴を棄却した。

 判決は、国民年金法が当時、成人学生を強制加入の適用外としていたことについて、1審や同種訴訟の最高裁判決と同じく「立法府の裁量権の範囲を逸脱していない」と認定した。

 一方、外国籍を理由に国民年金制度から除外され、老齢年金を受給できなかった京都市在住などの80~90歳の在日韓国・朝鮮人女性5人が、国に慰謝料など計7500万円を求めた訴訟の控訴審判決でも、同高裁は年金制度での在日外国人の扱いについて「立法府の裁量権の範囲内」とした1審・京都地裁判決を支持、原告側の控訴を棄却した。


------------------------
引用終わり





産経の記事です。
こりゃ、面白ぇ記事ですな。


上記記事は、国民年金に未加入の日本人と思われる障害者が、障害基礎年金が支給されないという記事と、これまた年金未加入の在日超賤人(外国人)には年金が支給されないという二つの内容になってます。

何と平等な裁きでしょう。掛け金を払ってねぇ人には、日本人だろうが外国人だろうが年金は支給されないという裁判所の判断ですな。まったくもって、当然の事だと思います。上記障害者の方は、任意加入だった国民年金に関して、「加入しなくていいや」と考えてたのか、「加入してぇけど、金ねぇし」という状態だったのかわかりませんが、とにかく加入してねぇという事実のみを裁判所は判断したという事でしょう。
在日超賤人も同様ですな。

外国籍を理由に
国民年金制度から除外され、
老齢年金を受給できなかった
京都市在住などの80~90歳の
在日韓国・朝鮮人女性5人


85年に外国籍条項が改正されたのは、皆さんご存じの通りです。今から20年以上も前ですな。この当時、在日超賤人は


ウリ達は、
将来的に帰国するから
年金に加入しなくて
良いニダ


と主張して、掛け金を支払ってねぇわけですから、日本側には何の落ち度もねぇ事は言うまでもねぇです。また、在日企業にとっては、年金の掛け金を支払う必要がねぇと言う事で、その分お金が浮いてホルホルしてたという事も付け加えておきましょう。

しかし、もう一つ付け加えなくてはならない事実があります。それは、日本人を無視し、在日超賤人のみに優遇政策を採る自治体が多数存在する(2700の自治体の内830ほど)と言う事です。年金は、通常国から支給されるので、各自治体は特別給付金として支給してます。ウチのブログでも何度か取り上げましたが、最近で有名なのは、東京都小平市の例や東京都品川区の例でしょう。品川区の方は、区民側からの批判で中止になりましたが、言い出しっぺの浅野ひろゆき議員(狡迷党品川区議)は、現職の身分であるという事を十分警戒すべきでしょう。



浅野ひろゆき公明党
品川区議会公明党ホームページ
(↑クリックで飛びます)



また、小平市の方は支給がすでに決議され、言い出しっぺの加藤俊彦(狡迷党)議員は、この件に関するメディア等の取材に対し、未だノーコメントを貫いてます。




加藤俊彦公明党サイト
東京都小平市公式ホームページ

(↑クリックで飛びます)


自分の地元はどうなんだろう?と言う人は、地元の役所にメールで問い合わせてみるといいでしょう。その時、2007年12月の最高裁で、「在日超賤人に年金受給資格はない」という判決が下されてるという事実を伝え、在日超賤人に特別給付金を支給するのは違法であると、ハッキリ書いておくといいと思います。
また、小平市や品川区のように実例を挙げてみるといいかも知れません。その場合、必ず一言書き加えましょう。


こんな感じで、















































言い出しっぺは
いつも
公明党



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<正しい判断 | HOME | 意味不明>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。