[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 犯罪史

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

犯罪史




犯罪史


(↑クリックで飛びます)

asahi20080430

引用開始
------------------------
裁判通して見る在日史
大阪の弁護士らが出版


2008年04月30日

 在日韓国・朝鮮人が当事者になった裁判を通して戦後の在日史をつづった本を、在日コリアン弁護士協会(LAZAK=ラザック、事務局・大阪市)が出版した。裁判の証拠や法廷での証言によって浮き彫りになったマイノリティーの問題に焦点を当てている。

 LAZAK(会員約50人)は01年、地方参政権や戦後補償などの問題で在日を支援しようと朝鮮・韓国籍の弁護士が設立。会員16人が「裁判の中の在日コリアン」(現代人文社、276ページ、1680円)を執筆した。

 18歳の在日の少年が1958年、女子高生ら2人を殺害した小松川事件をめぐっては、貧困問題を採り上げた。東京家裁は劣悪な生活環境が少年の性格に影響を与えたと指摘したが、東京地裁判決は死刑。62年に執行された。

 通名で日立製作所の就職試験に合格し、「氏名を偽った」などとして解雇された在日の男性が、74年に横浜地裁で勝訴(確定)した就職差別裁判。判決は「通名は偽名とはいえず、差別的な懲戒解雇は認められない」と結論づけた。執筆した張界満(チャン・ゲマン)弁護士は「日本企業に勤める在日の9割が通名という実情を見れば、差別はまだ根強く残っている」と指摘する。

 残された課題としては参政権を挙げた
。「日本国家の統治を永久に受ける定住外国人に対しては、その意思を反映する制度的手段として参政権を与えることは不可欠だ」と主張している。

 編集に携わった大阪弁護士会のペエ薫(ペエ・フン、ペエは裴の中央のなべぶたを上につけた字)弁護士(54)は「裁判を通して日本社会の現状をあぶり出す狙いだった。若い人たちに差別の現実を知ってもらいたい」と話す。問い合わせは現代人文社(03・5379・0307)へ。(宋光祐

------------------------
引用終わり




血祭

宋光祐
そうこうすけ
1977年生まれの在日コリアン三世。コリアタウンのある大阪は生野区で育つ。京阪神エルマガジン社で『エルマガジン』の編集を経て、現在、朝日新聞記者。
在日 韓国 朝鮮 子どもワールドより引用
(↑クリックで飛びます)


在日コリアン弁護士会
(LAZAK)
(↑クリックで飛びます)



引用開始
------------------------

在日コリアン弁護士協会の英語表記はLawyers’ Association of ZAINICHI Koreanとし、LAZAKと略すことができます。

在日コリアン弁護士協会(LAZAK)は,2001年5月,東京において,在日コリアン法律家協会として28名の原始会員により設立され,翌2002年6月に在日コリアン弁護士協会として組織改編を経て,現在55名の在日コリアン弁護士及び司法修習生が参加しています
団体名が在日コリアン弁護士協会とされたのは,次のような理由があります。 まず,民族分断状況によって,在日同胞社会にも長く南北の政治的対立が影響し,その結果「在日韓国人」「在日朝鮮人」という二つの呼称が用いられ,またかかる在日同胞の分断状況を克服するため「在日韓国・朝鮮人」という呼称も生まれました。一方,近年は毎年約1万人の同胞が日本国籍を取得している事実もあります。私達は,かかる歴史と現実を前提に,自らのエスニシティーをコリアであると考える全ての在日同胞弁護士の結集体として,最近広く用いられるようになった「在日コリアン」の呼称を選択しました。英語表記中に敢えて,”Korean inJapan”ではなく,”ZAINITI Korean”の文字を用いたのは,在日同胞の国籍,言語,文化,習慣等が多様化し,「在日コリアン」と呼ぶのが最も相応しいエスニック集団となっている状況を考慮した結果であります。現に,会員の中には,自らの姓名の発音についても,韓国語を用いる者も日本語を用いる者もいるし,また,自らのエスニシティーをコリアと考えながら日本式の姓名を名乗る者もいます。
------------------------
引用終わり





アサヒるの記事とそれに関連する在日超賤人組織の記事です。


これ、要するに在日超賤人専用の弁護士会という事のようですが、上記組織の最後の一文を読むと、在日超賤人である事を隠して弁護活動を行ってる連中もいると言う事でしょうな。この会の設立は、在日超賤人の利益のためと思いっ切りwebサイトに書かれてるんで、日本人から信用されないのは至極当然なんですが、在日超賤人であると正直に言うと誰も弁護士として信用してくれないので、通名を使ってるのではないかと思います。通名を使って、在日超賤人のために活動するなんて矛盾してねぇですかね。あっ、そうか。超賤人でしたね。


えーと、なになに。
アサヒる新聞が、在日超賤人記者を使って本を紹介してますな。
へー。
面白そうですな。


裁判を通して見る在日史


だそうです。

するってぇと、つまり、こいつぁ単なる






















































在日超賤人
犯罪史



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<よくお分かりで | HOME | 証明>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。