[PR] 癒し 知らずに死ねるか! よくお分かりで

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

よくお分かりで




よくお分かりで


(↑クリックで飛びます)

yahoo 日刊ゲンダイ20080505

引用開始
------------------------
「冬ソナ」の
純愛イメージ壊す
韓国の性犯罪事情


5月5日10時0分配信 日刊ゲンダイ
●10代では日本の10倍

韓国でゾッとする事件が明るみになった。

 第4の都市といわれる大邱で、10人あまりの中学生と小学生のグループが小学3年生の女児(9)ら3人を集団レイプしたというのだ。この事件を端緒に、こうした子ども同士の性的虐待が日常化していたことも発覚。昨年11月以降、学校の教室やグラウンドなどで女児が次々に襲われ、被害者は50~100人に上るという。

 事件のおぞましさに韓国社会には激震が走っているが、実は、この国は性犯罪の発生率がかなり高い
。しかも、ここ数年、若年層の“暴走”が目に余るのだ。朝鮮日報によると、10代人口10万人当たりのレイプ犯の数は、米国の2倍、日本の10倍という。

 手口も悪辣。ネットでチャットして弱みを握り、関係を強要したあとは行為をバラすと脅迫、集団レイプに持ち込むのだ。韓国事情に詳しいジャーナリストの青木理氏はこう言う。

「韓国は建前と本音がキッチリ分かれていて、出版物に乳首を載せることすらご法度なのに、ネット上には日本以上に過激な無修整ワイセツ映像があふれている。その弊害は大きいと思います。
男尊女卑社会ということもレイプと無縁ではありません。また、急速に近代化する一方で社会の矛盾が一気に噴き出し、さまざまな社会問題を引き起こしていることもある。深刻なイジメや自殺率の高さなどがそうで、子ども同士のレイプも、そうした歪みの延長線上で起きたのかもしれません」

 日本では「冬ソナ」のイメージが強烈で、韓国は「純愛の国」と思われがちだが、現実はちょっと違うようだ。

【2008年5月2日掲載】
------------------------
引用終わり





さて、こないだウチのブログでも取り上げた姦酷人小学生によるレイプ事件の記事です。日刊ゲンダイの記事ですな。

こいつぁ、面白ぇ記事ですな。レイプ犯罪のデータまで載せるなんて、珍しい気がします。Good Job!と言ってもいいかも知れねぇです。最後の文章で「純愛の国」なんて事を書いてますが、データまで出してるくらいですから、この表現は皮肉と考えてもいいでしょう。ってか、「もともとそんなイメージはねぇ!」と言いたくなる人も多いんじゃねぇですかね。

ところで、私がこの記事を取り上げたのは理由があります。勿論、姦酷人の異常性を報道するいい記事であると言う事もありますが、注目すべきは、YahooニュースのタグとPRです。
ちょいと、見てみましょう。


yahoo 日刊ゲンダイ-0220080505
タグ
エンターテインメント
PR
僕らの「性欲」が・・















































大爆笑



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<外国人参政権に反対する会 | HOME | 犯罪史>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。