[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 何それ?

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

何それ?



何それ?


(↑クリックで飛びます)

中央日報九条茶01中央日報九条茶02

引用開始
------------------------
<ワールドエッセイ>
“憲法9条を守ろう”
…九条茶が人気/
日本


日本で「平和憲法」と呼ばれている憲法9条を守ろうという動きが起きている。

小泉純一郎元首相の時代から強まり始めた、保守右傾化とは反対の動きだ。このような現象は保守右派の系譜を受け継いだ安倍晋三政権が昨年9月に退陣し、アジア重視指向の福田康夫政権が入り、顕著になっている。憲法9条は戦争に永久に反対し、軍隊の保有を禁じるという内容を含んでいる。

朝日新聞が憲法記念日を迎えた3日に報道した世論調査結果によると、66%が憲法9条を維持したいと回答した。その一方で改憲派は23%にすぎなかった。昨年の調査では護憲派が49%、改憲派が33%だった。朝日は「保守的な安倍政権が失政を繰り返した挙句に退陣し、右傾化の動きが縮小した」と分析した。

何より市民団体の活発な反戦運動が変化の起爆剤になっている。この中でも3日、東京の日比谷公園で行われた市民団体「9条ピースウォーク(憲法9条平和ウォーキング)」の歓迎イベントが特に注目された。会員150人あまりがこれまで69日間、全国を歩き護憲運動を繰り広げた。2月24日に広島の原爆記念館を出発した参加者は1日20キロずつ、延べ1200キロを歩き、この日東京に到着した。一橋大のホシノヒロミさん(25)は「平和を守ることができるという確信を持てるようになった」と話した。

憲法9条を守ろうという趣旨から大阪市では「九条茶」も販売され、人気を集めている。関西共同印刷所は3年前、平和憲法改正に反対するキャンペーン広報物として、高級緑茶を開発した。九条茶は先月まで20万本が売れた。共同印刷所の関係者は「予想外に反応が良く、従来の350ミリリットル製品に加え、今月の初めには500ミリリットルの製品を新発売した」と話した。1本100円でほかの飲料会社のものより手ごろだ。インターネットで販売されている。

このような雰囲気により、反日指向の映画『靖国』の上映も順調だ
。中国出身の監督がドキュメンタリー形式で制作したこの映画は、保守派の政治家と右翼団体が「日本を貶下する内容が含まれている」と批判し、当初の予定より3週間遅れで公開された。このような変化は全て成熟した市民意識によって支えられている。韓国の市民運動にも示唆を与える新鮮な変化だといえるのではないだろうか。

キム・ドンホ特派員/中央日報 Joins.com

2008.05.08 11:32:10
------------------------
引用終わり






九条茶


(↑クリックで飛びます)

九条茶01九条茶02

引用開始
------------------------
おかげさまで
20万本達成!!


「へいわ」を願うみなさまのお陰で販売本数20万本を超えました。
これからも変わらぬご愛顧をお願いします。

500mlで新登場!
この度、装いあらたに500mlペットボトルで発売することになりました。販売価格は1本あたり100円!(10ケースより販売、1ケース24本入り)

なお、350mlペットボトルは、9月末をもって販売を終了いたします。ありがとうございました。

新・へいわ九条茶についての詳細情報は近日公開予定!



商品紹介

様々な場面でご活用ください


●平和展や平和活動時に
●総会や総代会で
●イベント会場で
●集会時など、お弁当と一緒に
●旅行や催しに
●販売用に



ラベルに
「憲法九条」を掲載しました


日本国憲法
-------------------------
第二章 戦争の放棄
戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認

(第九条)
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実にに希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

------------------------
引用終わり





おおおおっ!?

・・・・・・
はははははは!
いけねぇ。笑っちゃいけねぇんですが、何か笑いますなぁ。
ちなみに、これを販売してる関西共同印刷ってのは、こんな感じです。



関西共同


(↑クリックで飛びます)
関西共同印刷01関西共同印刷02


引用開始
------------------------


(株)関西共同印刷所の創立は1950年7月11日、関西の労働組合、民主団体および民主的な人々の共同の意思と協力の下に誕生しました。

労働運動・民主運動への弾圧、自分たち自身の印刷所の必要性から

創立準備期ともいえる1949年から50年前半は、朝鮮戦争前夜の時期でもあり、日本全土は暗雲に覆われていました。アメリカ占領軍は戦後発展してきた労働運動、民主運動への弾圧を強め、「用紙の生産が間に合わない」との理由で、新聞用紙を一方的に統制し、運動の中心的役割である機関紙の発行を制限してきました。また、更なる民主団体への言論弾圧が想定される中、印刷のすべてを一般の印刷会社に頼らざるを得ない状況では、品質的にもスピードでも安定した機関紙の発行は困難との判断から、自分たち自身の印刷所の必要性が痛感され、関西地方の民主団体の機関紙を印刷し得る能力をもつ印刷所の建設に向けた取り組みが展開されることになりました。

関西での民主団体の印刷拠点として創業

この民主的印刷所建設の取り組みは広く、関西地方の労働組合、民主団体の共同の力で進められ、1950年2月の第1回設立委員会で生活の改善、自由と平和の維持を目指す労働組合、民主団体の宣伝活動を質・量ともに保障していく印刷所の目的を確認し名称を「関西共同印刷所」にすることが決定されました。そののち、6月25日の朝鮮戦争を契機に民主団体への弾圧は強化され、すでに設立されていた東京の「あかつき印刷」「日本機関紙印刷所」が工場を閉鎖、また印刷機が封印されました。その直後の7月11日に関西での民主団体の印刷拠点としての「関西共同印刷所」が創業を開始した事は、社員16名、資本金 100万円のささやかな出発ではあるものの、大きな一歩となりました。
------------------------
以上、関西共同印刷所webサイトより引用







ははははは!
わざわざ超賤戦争の日付まで入れてる。
しかも、あちこちで”民主団体”の文字が踊ってやがる。













































分かりやすいな



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<受け継がれる超賤人DNA | HOME | また捏造?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。