[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 凄ぇ・・・

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

凄ぇ・・・


凄ぇ・・・


(↑クリックで飛びます)

FusiSankei Business20080531-01FusiSankei Business20080531-02
FusiSankei Business20080531-03FusiSankei Business20080531-04

引用開始
------------------------
「きぼう」本体、
宇宙へ
星出彰彦さんが挑戦
「日本のための」飛行


FujiSankei Business i. 2008/5/31
国際宇宙ステーションに日本実験棟「きぼう」本体の船内実験室を取り付ける米スペースシャトル「ディスカバリー」が6月1日早朝(日本時間)、米航空宇宙局(NASA)ケネディ宇宙センター(フロリダ州)から打ち上げられる。3回にわたるきぼう建設の第2便で、日本からは初飛行の星出彰彦さんが搭乗する。きぼう建設最大のヤマ場といえる約2週間の飛行の見どころや、星出さんの素顔に迫った。


 ■実験室と専用アーム設置

 今回の飛行は、米スペースシャトル史上初めて、作業のほとんど全部がきぼうに関連する「日本のための」飛行だ。


 米国人飛行士による3回の船外活動も、きぼう設営の一環。星出さんは、きぼうの中核施設である船内実験室を、ロボットアームで国際宇宙ステーションに取り付ける大役を担う。実験室は、きぼう専用のロボットアーム付き。今回の飛行で、きぼうの本格運用に向けた準備がほぼ整う。

 作業の全体像は大まかに言えば、実験室をステーションに結合させ、3月のシャトル飛行で土井隆雄さん(53)が仮設置した保管室を、最終的な位置に取り付けることだ。実験装置の設置と動作確認もし、試料さえ届けばいつでも実験を始められる態勢を整える。

 最初のハイライトは、飛行4日目に予定される実験室取り付け。実験室は全長11・2、直径4・4メートルで、ステーションの構成施設でも最大級。シャトル貨物室のすき間は数センチしかないため、取り出す際には損傷しないよう、細心の注意が求められる。星出さん自身も「最大のポイント」と話しており、手に汗握る作業になりそうだ。微妙な動きが要求されるため、シャトルのロボットアームより関節が多く細かい動きが可能な、ステーションのアームで作業する。

 通信システムが組み込まれた実験室が設置されたことで初めて、日本国内から直接、きぼうへの指令を送ることが可能になる。5日目には、宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター(茨城県つくば市)から実験室へ最初の指令を発信し、2つある電気系統の1つを起動させる。

 次いで星出さんも実験室の中へ。ステーションの結合部を経由して、先の飛行で運んだ保管室内のコンピューターや実験装置を、実験室に「引っ越し」させる。

 実験装置は最終的に7種類になる予定だが、現在保管室にあるのは「細胞培養装置」と「流体物理実験装置」など6つ。残る1つは、日本が新たに開発する無人補給機「HTV」で運ぶ計画だ

 その後、2つ目の電気系統と、専用ロボットアームを起動させる。アームの作動試験も飛行の後半に行う予定だ。

 仮設置した保管室の移設は、星出さんの同僚飛行士がステーションのロボットアームを使って行う。きぼうはこれで完成形に大きく近づき、来年春に予定される第3便の船外実験装置の到着を待つばかりとなる。

 ディスカバリーは順調にいけば、15日午前0時すぎ(日本時間)、ケネディ宇宙センターに帰還する。




■少年時代の夢 強い信念で実現

 初飛行で大役に挑む星出彰彦さん(39)は、子供のころから「宇宙飛行士になりたい」と思い続けてきた。大学時代には、まだ資格がないのを承知で飛行士の受験窓口に押しかけ、3度目の受験でついに宇宙への切符を手にした信念の人。「いよいよ夢の実現だ」と、満を持して今回の飛行に臨む。

 東京都生まれの星出さんは、商社マンだった父、寿夫さん(80)の仕事の関係で3歳から7歳まで米国で過ごした。父に連れられてケネディ宇宙センターに行き、「宇宙はかっこいいな」と胸に刻まれた。

 寿夫さんによると、その後、絵を描けばロケットばかり。小学4年の文集には「宇宙飛行士になってみたい」「事故で死ぬことが多いけれど、それでもなりたい希望は消えません」と書いた。

 あこがれが現実味を帯びるのは茗渓学園高校(茨城県つくば市)のころ。毛利衛さん(60)ら1期生の飛行士3人が決まった際「2期生を選ぶ可能性がある」との新聞記事を見逃さなかった。「将来、職業として飛行士が出てくるんだと、だったらそれを目指そうと思った」と語る。

 慶応大理工学部で部活動のラグビーと流体力学の研究に励み、宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発機構)に就職。エンジニアとしてH2ロケットの開発や先輩飛行士の若田光一さん(44)の支援に携わりながら飛行士を目指した。

 1999年、古川聡さん(44)、山崎直子さん(37)とともに飛行士に選抜された。

 閉鎖された施設で8人が1週間暮らす最終試験まで一緒だった受験仲間の男性(47)は、試験の課題だった真っ白なジグソーパズルを思い出す。うんざりする作業を、星出さんだけは試験が終了しても黙々と続け、ついに完成させたという。

 努力家であることに加え、周囲の評価は「いつもにこにこしていて、コミュニケーション能力が高い」で一致する。中学、高校の同級生、柚木太さん(39)は「人間関係を誰とでも円滑に楽しく作れる人。宇宙でもいいチームワークを持てるはず」と太鼓判を押す。

 今回の飛行について星出さんは「きぼうの保管室に実験室を増築し、実験できる環境を整えるのが仕事。今後の有人宇宙活動につながる経験を積んできたい」と語っている。

                   ◇

■無重力生かす7種装置 高品質タンパク質の応用期待

 きぼう船内実験室の外観は円筒形だが、内部はコンピューターなどさまざまな装置が組み込まれ、四角い部屋のようになっている。最終的には計7種類の実験装置が設置されるが、いずれも無重力という宇宙の特殊な環境を生かした装置だ。

 地上では、熱によって液体の中に比重が異なる部分ができると、重い部分が下に、軽い部分が上に移動して対流が生じるが、無重力の宇宙ではほとんど起こらない。「溶液・タンパク質結晶成長実験装置」はこの性質を利用する。

 溶液中のタンパク質が対流なしの状態で固まれば、きれいな結晶ができると考えられており、高品質のタンパク質をつくることで、構造を解析する研究や創薬への応用が期待されている。

 きぼうで最初の実験に使われる予定になっているのが「流体物理実験装置」。液体などの不均一な表面張力によってできる、微小な対流の実験をする。

 こうした対流は体内の血液や水分の動きに影響するため、研究は宇宙飛行士の健康管理にも役立てられるという。

 「細胞培養装置」は微生物やさまざまな細胞を観察するための装置。培養容器を回転させれば地球の倍程度までの重力を人工的に発生させることができるため、異なる重力での生体の様子を調べることができる。

 装置のほとんどは地上からの遠隔操作が可能。きぼうを運用する宇宙航空研究開発機構の足立昌孝主任は「最初のセッティング以外、飛行士の手をほとんど借りずに実験ができる」と胸を張る。
------------------------
引用終わり



FujiSankei Businessの記事です。
いやぁ、凄ぇですな。




ちょいと、今日の報道を見てみましょう。
FNNのニュース動画です。
FNNニュース(←クリックで飛びます)

打ち上げ成功!


(↑クリックで飛びます)

FNN20080601

引用開始
------------------------
宇宙飛行士・星出彰彦さん
搭乗の「ディスカバリー」
打ち上げ成功
地球周回軌道に入る


日本人宇宙飛行士・星出彰彦さん(39)が乗り込み、日本の宇宙実験棟「きぼう」の建設に向けた第2便となるスペースシャトル「ディスカバリー」が、日本時間の1日午前6時すぎに打ち上げられた。
星出飛行士らを乗せたスペースシャトル「ディスカバリー」は、バリバリと空気が割れるような音をたてながら、ケネディ宇宙センターから宇宙空間を目指して一気に上昇した。
定刻通り打ち上げられた「ディスカバリー」は、固体ロケットブースター、外部燃料タンクを次々と切り離したあと、地球を回る軌道に入った。
NASA(アメリカ航空宇宙局)は、会見で「打ち上げは、とてもスムーズだった」としている。
NASAのマイケル・グリフィン長官は「有人宇宙施設の実現を目指すNASAと日本にとって、とても大きな1日だ」と話した。
今回打ち上げられた船内実験室は、「きぼう」建設の要となる施設となっている。
星出さんは、ロボットアームを駆使して実験室を国際宇宙ステーションに取りつける作業や、3月の打ち上げで仮に設置した保管室を今回の実験室の上に移設するなど、「きぼう」の建設作業を一気に進めることになる。
「ディスカバリー」は、およそ2週間の飛行のあと、順調にいけば日本時間15日に地球に帰還する予定となっている。

(06/01 11:55)
------------------------
引用終わり




いやぁ、カッチョイイですなぁ!
まさに「日本から星出て、将来の”きぼう”となる」わけですな。


私には祈る事ぐらいしか出来ませんが、是非、成功して無事に帰って来て頂きたいものです。打ち上げの時、NASAの職員も「ガンバッテクダサーイ!」と言ってますが、私からは「楽しんで来て下さい!」と言っておきましょう。残念ながら、今現在は誰もが宇宙飛行士になれるというわけではありません。宇宙飛行士は、私をはじめ多くの人達の憧れの的です。私も宇宙に行ってみてぇもんですよ。くぁー、羨ましい!

しかし、それは同時に大変な責任と義務を背負う事に繋がります。上記FujiSankeiの記事にもありますが、星出さんは大変な努力家のようです。人間的にも非常に優れた人物のようで、こういう人じゃないと宇宙には行けねぇのが現状です。
でも、こういう人だから宇宙に行けるとも言えますな。

ロシアのロケット技術を盗もうとして、結局、宇宙に行けなかっ何処ぞの姦酷人とはえらい違いです。



ま、なんにせよ、星出さんの健闘に期待しましょう。



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編(最強日本) | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<定年チョン爺 | HOME | 世界中の人達に伝えたい>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

流体力学 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると… …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。