[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 気付けよ!

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

気付けよ!


気付けよ!


(↑クリックで飛びます)

mainichi20080606-01mainichi20080606-02

引用開始
------------------------
勤労挺身隊訴訟:
深く刻まれた心の傷
羅さんにインタビュー/石川


◇涙ながらに半生語る
 夢見て海を渡ったあこがれの日本は地獄でした--。太平洋戦争のさなか、「女子挺身(ていしん)隊」として朝鮮半島から強制連行され過酷な労働を強いられたとして、国と機械メーカー「不二越」(本社・富山市)を訴えた「第2次不二越訴訟」原告の1人、羅贊徳(ナチャンドク)さん(79)が、控訴審第1回口頭弁論(先月28日)の証人として来日。毎日新聞のインタビューに答え、涙ながらに自らの半生を語った。後悔や後ろめたさにさいなまれ、深く刻まれた心の傷を今、見つめ直そうとしている姿があった。【澤本麻里子

 1944年3月、羅さんが15歳の時だった。村長から「日本にいい工場がある」と誘われた。書道や生け花なども教えてもらえるという。1カ月後、2年間の予定で地元から25人が旅立った。「両親は反対しましたが、技術を学んで、お金ももらえるという希望でいっぱいでした」と振り返る。

 しかし、労働は過酷を極めた。「朝の8時から夜の8時まで休みなく働かされ、休日もありませんでした。機械の操作を誤って指を切断した子もいました」。粗末な食事。給料は支払われなかった。手紙は検閲され、苦しい状況を家族に訴えることもできなかった。

 「1人が泣くと、みんなが泣きました」。日本語と朝鮮語で「いつか不二越去るでしょう」と願う歌を仲間と共に作った。今も覚えていると言って口ずさんだ歌は、哀愁の漂う心に染み入るようなメロディーだった。

 ある日、父が亡くなったと電報が来た。「泣きながら帰りたいと訴えましたが、許されませんでした。『お前が帰ったって、父親は生き返るわけじゃない』と、冷たく突き放されました」。かわいがってくれた父の反対を押し切って日本へ来た後悔ばかりが残った。

 「終戦直前、一時帰宅が許されました。母は私を見るなり、何も言わずに抱きしめて泣きました」。羅さんの目から大粒の涙がこぼれた。

 戦後、結婚し、3人の子に恵まれた。だが、ふとした瞬間にあの過酷な日々を思い出す。家族には「挺身隊」を「慰安婦」と誤解されるのを恐れ、戦時中の体験は秘密にした。夫は00年に亡くなった。そんなとき、不二越の仲間と町で偶然再会。訴訟のことを聞き、闘おうと決意した。「強制労働の事実を認めて、きちんと謝ってほしい。それだけなんです」。まっすぐな視線で語った。

毎日新聞 2008年6月6日 地方版
------------------------
引用終わり



在日新聞の記事です。
記事を書いたのは澤本麻里子女史という記者の様ですが、いきなり捏造からスタートしてますな。インタビューしたんなら、この婆さんが連行されたのではなく、自分の意志で来日したという事がハッキリ分かるはずです。
また、インタビューは石川県で行われたようですが、何で終戦後にこのチョン婆さんは帰国しなかったのか書かれてません。普通は、疑問に思うはずです。
ちなみに、この澤本麻里子女史は、こんな記事も書いてます。



解決済み


(↑クリックで飛びます)

yahooheadline20080529.jpg
引用開始
------------------------
勤労挺身隊訴訟:
控訴審第1回口頭弁論
原告の羅さんが訴え
--高裁金沢支部 /富山


5月29日15時1分配信 毎日新聞

 ◇「正義に基づいた判決を」
 戦時中に「女子挺身(ていしん)隊」として朝鮮半島から強制連行され過酷な労働を強いられたとして、韓国人女性や遺族ら23人が機械メーカー「不二越」(本社・富山市)と国に慰謝料など総額約1億380万円の損害賠償と謝罪を求めた「第2次不二越訴訟」の控訴審第1回口頭弁論が28日、名古屋高裁金沢支部(渡辺修明裁判長)であった。この日に合わせて来日した原告の羅贊徳(ナチャンドク)さん(79)が「どうか弱者に目を向けて、正義に基づいた判決を」と、絞り出すように訴えた。
 原告の平均年齢は78歳。既に3人が亡くなっている。この日、羅さんは証言台の椅子に座ると、虫眼鏡を持ち上げ、準備書面をのぞき込むようにしてゆっくりと読み上げた。戦後ずっと胸の中にしまっていたが、黙っていてはいけないと、提訴に踏み切った経緯を説明した。
 1枚の集合写真が掲げられた。入社式で撮影した若い羅さんの姿があった。古里の家族に送ったその写真は右端が切り取られていた。羅さんは「挺身隊と書いた旗が写っていました。両親が驚くと思い、私が切り取りました」。そうつぶやいた。
 他の原告の仲間たちについても「夫や子に、慰安婦だったと誤解されて崩壊した家庭もある」と証言した。強制連行・労働の事実を認めたが、65年締結の日韓請求権協定に基づき「個人の請求は認められない」とした1審・富山地裁判決は「納得できない」と強く訴えた。【澤本麻里子

5月29日朝刊
最終更新:5月29日15時1分
------------------------
引用終わり



この澤本麻里子女史、ネット検索すると大阪がホームグラウンドではないかという記事が目につきます。にも拘わらず、上記記事は石川県と富山県ですな。しかも、同じ在日超賤人の羅贊徳(ナチャンドク)とやらを追いかけてます。何か意味があるんでしょうか。

時に、澤本麻里子女史。こういう記事も書いてるようですな。


普通?


(↑クリックで飛びます)
oshakasrashi
引用開始
------------------------
詐欺:母親死亡隠し遺族厚生年金詐取
別の詐欺事件で起訴男を同容疑で再逮捕
/大阪


母親が死亡したことを隠し、母親が受給していた遺族厚生年金約66万円をだまし取っていたとして、西署は25日までに、
大阪市此花区梅香1、建設作業員、金泰岩容疑者(52)=別の詐欺容疑などで起訴=を詐欺などの疑いで再逮捕した。

 調べでは、金被告は05年6月に病死した母親(当時69歳)が生前に受け取っていた遺族厚生年金に関し、昨年12月から今年6月の間、4回にわたって総額約66万円を詐取した疑い。遊興費や生活費に充てていたとみられる。

 金被告は、同様に母親が受け取っていた遺族労災年金約549万円の詐取などの疑いでも既に逮捕されている。【澤本麻里子

11月27日朝刊
最終更新:11月27日16時0分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071127-00000192-mailo-l27
------------------------
引用終わり




こういう記事も書くんですから、この澤本麻里子女史って在日新聞記者の中では割とマトモなのかも知れません。上記記事の容疑者である在日超賤人の・・・。

あらっ!?
在日超賤人という記述がねぇですな。
おい!国籍も書いてねぇぞ。

・・・・。

この澤本麻里子女史。
やっぱり、












































期待出来ねぇ



管理人血祭にメールする





スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<50点 | HOME | 後進国の自慢>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。