[PR] 癒し 知らずに死ねるか! いつもの事

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いつもの事




いつもの事


(↑クリックで飛びます)

中央日報20080611-01中央日報20080611-02

引用開始
------------------------
<サッカー>北朝鮮
「ソウル試合はできない」
…第3国・済州道開催を要求


北朝鮮がまた南北(韓国・北朝鮮)戦の競技場所に難癖をつけてきた

南北は10日、開城(ケソン)工業地区で2010南アフリカワールドカップ(W杯)予選の南北戦に関する実務協議を行った。 李会沢(イ・フェテク)大韓サッカー協会副会長(南側代表)とソン・クァンホ朝鮮サッカー協会副委員長(北側代表)が出席した中、双方は競技時間と場所について意見を交わした。

この席で北朝鮮は、南北戦(22日)を第3国または済州道(チェジュド)で開催することを要求した。 最近の韓国内の大規模集会で選手団の安全に問題が発生するおそれがあるという理由だった。

しかし大韓サッカー協会は「ソウルが安全でないという点には同意できず、FIFAが5月3日に下した決定通り、ソウルW杯競技場で開催すると伝えた」と明らかにした。

試合監督官・審判など大会関係者にも通報した状態であり、北側の主張を受け入れることはできない立場だ。 北側は近いうちに試合に関する実務内容を含む最終的な立場を書面で伝えることにした。
------------------------
引用終わり





中央日報の記事です。
超賤人が超賤人の事を信用できないと主張し、超賤人に難癖を付けられたと超賤人が報道してます。



大爆笑!




いやぁ、こいつぁ面白ぇですな!しかし、これだけでは終わらないのが超賤人ですよ。



ご苦労さま


(↑クリックで飛びます)

チョン日報20080611

引用開始
------------------------
米国産牛肉:
「朝鮮日報は廃刊せよ」とデモ


記事入力 : 2008/06/11 11:00:14
米国産牛肉の輸入反対を叫ぶデモ隊300人余りが10日午後11時ごろ、ソウル市中区貞洞の朝鮮日報社編集棟前で「朝鮮日報は廃刊しろ」などと叫びながらデモを行った。

 デモ隊は同日午後9時20分ごろ、50人余りが集まり、約1時間にわたり編集棟前の芝生でろうそくを手にサイレントデモを行った後、太平路の別のデモ隊と合流して、編集棟前でデモを続けた。

 デモ参加者は「朝鮮日報に広告を出さないよう企業に圧力をかけ、朝鮮日報を枯死させよう」などと呼びかけた。デモ隊が出入り口を封鎖したため、取材記者や帰宅しようとした職員は社屋内に足止めされた。

ウォン・セイル記者
------------------------
引用終わり





大爆笑2!



間髪入れずに次に行きます。



ホントに

ご苦労さま


(↑クリックで飛びます)

チョン日報20060716-01.jpgチョン日報20060716-02

抜粋開始
------------------------
外国人の目に映った
韓国のデモ文化


記事入力 : 2006/07/16 19:03:09

「とても暴力的…観光もあきらめた」


数百人のデモ隊が竹の棒で攻撃すると、すぐに機動隊は盾で応じた。数人の警察官は血を流し…」(AFP)

 「デモ隊が竹の棒で武装しバスを転覆しようとすると、(機動隊は)放水した」(AP)

 韓国米自由貿易協定(FTA)阻止大規模デモが行われた12日、海外通信各社は一斉に「韓国でデモ隊と機動隊が衝突した」という見出しの記事を配信した。去年、韓国に来たフランス人のジュリアン・モレトンさん(21)は「宗教や人種問題がない国なのに、どうしてこんなに(も)デモが暴力的なのか理解できない。自殺の脅威や、鉄パイプに毎日驚きの連続だった」と話す。

◆「反米の声に外出もままならない」 
大規模デモが起きた12日、ソウルに住む外国人たちは恐怖におびえた。この日午後7時ごろ、スイス人のワルターさん(28)はソウルの光化門交差点をスイス人の友達2人と歩いていたところ災難に遭った。10人以上のデモ隊が突然集まってきて、ワルターさんたちに向かって叫んだ。何を言っているのかはほとんど分からなかったが、いくつかの韓国語が耳に入った。「○○野郎」「いかれた○」…。その時、ちょうど通りがかったある韓国人大学生が「この人はアメリカ人じゃない」とデモ隊を止めてくれたおかげで、ワルターさんはピンチを免れた。

 韓国生活が長い外国人にとって「デモ現場は通るな」というのは常識だ。韓国生活8年目の大学講師ジェリーさん(32)。2002年末、光化門で行われたロウソク集会の時、「アメリカに帰れ」という叫びとともにビデオカメラを取り上げられそうになってからは、デモ現場に近づこうともしない。「カナダ人の友達は光化門にあるオフィステルに住んでいたが、デモの騒音でノイローゼになりソウル郊外に引っ越した」と話す。

 ソウルは13万人の外国人が住む国際都市だ。ソウルの外国人は韓国のイメージが暴力デモによって低下することを残念に思っている。光化門で働いているオーストラリア出身の弁護士ロス・グレゴリーさん(33)は「暴力デモはオーストラリアでは30年前にとっくに消えた。ワールドカップで苦労して築いた韓国のいいイメージが虚しく崩れる可能性もある」と言っている。



◆「観光客への迷惑なんて考えもしないでしょう」 

 観光ガイドとして日本人を案内しているチョンさん(女性・48)は12日、冷や汗をかいた。午後1時30分ごろ、観光バスに日本人観光客25人を乗せて明洞のホテルに送っていく予定になっていた。しかし、世宗文化会館前の道が渋滞していた。景福宮→米国大使館裏→退渓路4街まで行ったり来たりしたが、道は全て渋滞していた。やっと地下鉄でホテルに辿り着いたのは午後4時40分。チョンさんは「2時間を棒に振った観光客たちは‘これが最後の旅行’と不満を口にしていた」という。

 一日に韓国を訪れる外国人観光客は1万6500人以上。韓国滞在期間が短い観光客にとって、韓国のデモ文化=韓国のイメージとなりうる。昨年4月から韓国で働いている日本人、カトウ・アミさん(23)は「外国人は‘なぜデモをするのか’よりも‘なぜあんな暴力を振るうのか’をまず考えるから、韓国のデモを見るだけで‘韓国は後進国’と判断してしまう」と言っている。

キム・ヒョンジン記者
キム・ヨンジュ記者
チェ・スヒョン記者
------------------------
抜粋終わり




大爆笑3!




さて、もう一度一番上の記事を見てみましょう。北超賤は、「ソウルは危険ニダ!」と言ってます。当たり前ですな。超賤戦争は停戦中であり、終戦宣言は出されてねぇんですからね。しかし、それに対して姦酷は、「危険だという指摘には同意出来ないニダ!」と言ってます。


大爆笑4!



やっぱり、こいつら気が狂ってますな。北超賤は、経済的にも軍事的にも国家的にもすでに末期状態です。にも拘わらず、未だに訳が分からない事を続けてます。そして、姦酷は自分達が一体何をやってんのか、外国人からどう見られてるのか全く理解できず、民度の低さを世界中に晒してます。


北超賤人ってのは超賤人ですな。
勿論、姦酷人も同じ超賤人です。
これで「統一ニダ!」と喚いてるんですから、大笑いです。
同胞同士でこのザマなんですから、世界的に見れば単なる邪魔者でしかありませんな。

もう一度、言っておきましょう。
超賤人ってのは、共存出来ない民族です。
理由は簡単。
こうだからです。












































譲歩なし

要求のみ



管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<無意味アンド不可能 | HOME | 東方儀礼の国韓国>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。