[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 市民の願い?

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

市民の願い?




市民の願い?


(↑クリックで飛びます)

共同20080619

引用開始
------------------------
常設型住民投票条例が成立
川崎市、政令市で2番目


川崎市の永住外国人らを含む18歳以上に投票資格を認める市提案の常設型の住民投票条例案が、19日の市議会本会議で可決、成立した。市によると、同様の条例の制定は、政令指定都市では広島市に次ぎ2番目。

 在日韓国人2世で、外国人と地元住民の交流施設「ふれあい館」(川崎市)館長の☆重度(ぺ・チュンド)さん(63)は「当然の権利で、喜ばしい結果だ。在日外国人が行政参加するための第一歩」と評価した。


 投票資格は永住外国人や日本滞在が3年を超える外国人らを含む18歳以上の住民。投票を発議できるのは市長、市議会、住民だが、住民の場合は投票資格者数の10分の1以上の署名が必要。実施対象は市政にかかわる重要事項。

 川崎市の18歳以上の住民は、3月末現在で約112万2000人。このうち投票資格を持つ外国人は約1万9000人。阿部孝夫市長が2001年に初当選する際、市民参加の行政の一環として公約に掲げていた

(注)☆は、褒の保が非
2008/06/19 12:59 【共同通信】
------------------------
引用終わり




共同の記事です。
また、川崎市ですな。
上記記事に出てくる「川崎市ふれあい館」とやらを調べてみるとわかりますが、これ、川崎市の施設なんでWEBサイトに思いっ切り出てます。んで、しょっぱなにこう書かれてます。


川崎市ふれあい.jpg川崎市ふれあい2

日本人と韓国・朝鮮人を主とする在日外国人が、同じ川崎市民としてこどもからお年寄りまで相互のふれあいをすすめる場です。
民族文化についての講座や各種行事を行うほか、会議室・文化交流室なども利用できます。


日本人と韓国・朝鮮人を主とする在日外国人がメインと書かれてますな。在日超賤人にとって、物凄ぇ好待遇な施設のようです。ちなみに川崎市ふれあい館条例(←クリックで飛びます)ってのがあって、その条例の第1条にもこう書かれてます。



川崎市ふれあい館条例

(目的及び設置)
第1条
日本人と韓国・朝鮮人を主とする在日外国人が、市民として相互のふれあいを推進し、互いの歴史、文化等を理解し、もって基本的人権尊重の精神に基づいたともに生きる地域社会の創造に寄与するため、川崎市ふれあい館(以下「ふれあい館」という。)を設置する。


川崎市民の皆さん。
市民としての相互のふれあいだの基本的人権の尊重だのホザいてますがね、姦酷・超賤人がメインとなる施設なんて完璧な外国人差別ですよ。上記記事をもう一度読み返してみましょう。

-----------------
在日韓国人2世で、外国人と地元住民の交流施設「ふれあい館」(川崎市)館長の☆重度(ぺ・チュンド)さん(63)は「当然の権利で、喜ばしい結果だ。在日外国人が行政参加するための第一歩」と評価した。
-----------------


自分の税金を使ってまで姦酷・超賤人を優遇する理由って何ですかね。在日超賤人を優遇するために必死になって働いてね。

川崎市民の皆さん。
ちょいと目を覚ましたらどうです。
川崎市は在日天国と言われてる土地ですよ。
これで、益々、在日超賤人にとって都合が良いコミュニティが出来上がります。
自分の子が大人になった時、両親同様、在日超賤人のために必死になって働くわけです。











































それが

望むべき幸福か





阿部孝夫川崎市長
阿部孝夫川崎市長に対する苦情の宛先
(↑クリックで飛びます)


管理人血祭にメールする

スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<図星 | HOME | 井の中の蛙、大海を知れ!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。