[PR] 癒し 知らずに死ねるか! チェ・ケイホ氏

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

チェ・ケイホ氏


崔基鎬
(チェ・ケイホ氏)
↑是非クリック



氏が書かれた本

『日韓併合 韓民族を救った「日帝36年」の真実』

『日韓併合 韓民族を救った「日帝36年」の真実』



氏の証言


上記サイトの出だしに

引用開始:

外交評論家、加瀬英明氏が世話役となり、10月14日(木)、東京の北野アームスで出版を祝う会が開かれた。受付で渡されたのは崔基鎬加耶大学客員教授著『日韓併合 韓民族を救った「日帝36年」の真実』であった。最近韓国では、政治的に反日的な動きが強くなっている。そんな状況の中で、わざわざ「日帝36年が韓民族を救った」と題する理由は何なのか。著者は開会の挨拶で「私は歴史の真実を正直に書いただけです。韓国と日本は、アジアの安定のためにも両国のためにも、真の意味での協力が必要と思います。そのためには今のような歴史観では駄目です。歴史は歪曲せずに真実を見つめること。そうすれば、今後私たちがどう進むべきかを教えてくれます。日本には、昔から武士道があります。そういう素晴らしい精神を発揮してもらいたいと思います。この本が両国のために少しでもお役に立てば幸いです」と述べられた。日本の外交姿勢は韓国や中国に歴史認識で何か言われるとすぐに謝る。しかし崔氏は勇気を持って立ち向かっている。大いに学ぶべきことと思い取材をお願いした。

:引用終わり


つまり、氏は

姦国側の歴史は捏造
であり
日本側の主張こそ正しい
と言っておられるわけです。

ちょいとこちらのサイトを見てみましょう。

帝國電網省

↑是非クリック



このサイトの左側に歴史再考というカテゴリーがあります。そこをクリックすると、Column of the Historyというページに飛びます。そのナンバー56コリア人が待望していた「日韓併合」という記事があります。そこをクリックすると、崔基鎬氏が言わてる事がホントかどうか分かります。また、ウェブを検索してみると・・・ってか、うちのブログに来る人ならリンクをたどるなり、自力で調べるなりしてわかると思います。

親日の朝鮮人と言えば、何と言っても朝鮮国内から批判されてしまうという立場が問題です。多くの資料や証言、また動かぬ証拠があったとしても、事実を伝える事が出来ない国、それが姦国であり北超賤です。崔基鎬は日本在住のようですが、日本国内には超賤総連民団があります。もしかしたら、すでに何か被害に遭われてるかもしれません。是非、お気をつけて長生きして頂きたいですね。




管理人血祭にメールする



スポンサーサイト

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<東京都 Good Job!! | HOME | 2月22日の記事の続き>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。