[PR] 癒し 知らずに死ねるか! 特別編

知らずに死ねるか!

管理人血祭が、これまでに面白かったと感じたエピソードや、おかしいと思う事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

図星



図星


(↑クリックで飛びます)

sponichiannex20080620

引用開始
------------------------
怒りおさまらぬ山崎拓氏
安倍前首相をこき下ろす


北朝鮮への対応をめぐり、自民党内で山崎拓前副総裁と安倍晋三前首相が対立を深めた。北朝鮮に対し、対話派の山崎氏は19日、派閥の総会で「私は利権政治家ではございません。北朝鮮の利権と全く関係ない。どういう利権があるのか」「誹謗(ひぼう)中傷する政治家の人格を疑う」と“圧力派”の安倍氏をこき下ろした。

 安倍氏は18日の講演で山崎氏が会長を務める超党派の「日朝国交正常化推進議員連盟」が北朝鮮への制裁解除と対話路線への転換を主張していることに言及。「政府以外の人たちが甘いことを言って交渉するのは“百害あって一利なし”。“百害あって利権あり”と言いたくなる」と述べた。

 この発言を受け、山崎氏の怒りはおさまらず記者団にも「私の政治生命にかかわるような反応が出ていますので、名誉棄損に相当する」として、安倍氏に対し発言取り消しと謝罪を求める方針を表明。自身のホームページにも「事実誤認と私に対する不当な中傷。安倍氏に内容証明郵便で申し入れ書を郵送した」などと書き込んだ。

 発端は、安倍氏の12日の講演。対話派の活動を「経済制裁は考え直した方がいいという意見は百害あって一利なしだ」とかみついた。山崎氏は翌13日、北朝鮮が拉致問題の再調査を約束して政府が経済制裁の一部解除方針を決めたことをめぐり「圧力一辺倒では何ら前進はなかった。(安倍氏の圧力路線は)幼稚な考えだ」と返した。18日には安倍氏が「(山崎氏は)日本語能力はないのではないか」と揶揄(やゆ)した。

[ 2008年06月20日 ]
------------------------
引用終わり




SponichiAnnexの記事です。
売国奴が何か喚いてますな。

売国奴山崎拓の怒りがおさまらないという記事ですが、何でおさまらねぇんですかね。安倍前総理の指摘は図星であるが故の典型的な反応ですかね。政治家である安倍前総理に対して怒りの矛先を向けてるようですが、こういう人達↓の事はほっとくつもりですかね。








































山崎拓を

落選させる

福岡市民の会


(↑クリックで飛びます)
no-yamataku-A3-c



管理人血祭にメールする

特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |

市民の願い?




市民の願い?


(↑クリックで飛びます)

共同20080619

引用開始
------------------------
常設型住民投票条例が成立
川崎市、政令市で2番目


川崎市の永住外国人らを含む18歳以上に投票資格を認める市提案の常設型の住民投票条例案が、19日の市議会本会議で可決、成立した。市によると、同様の条例の制定は、政令指定都市では広島市に次ぎ2番目。

 在日韓国人2世で、外国人と地元住民の交流施設「ふれあい館」(川崎市)館長の☆重度(ぺ・チュンド)さん(63)は「当然の権利で、喜ばしい結果だ。在日外国人が行政参加するための第一歩」と評価した。


 投票資格は永住外国人や日本滞在が3年を超える外国人らを含む18歳以上の住民。投票を発議できるのは市長、市議会、住民だが、住民の場合は投票資格者数の10分の1以上の署名が必要。実施対象は市政にかかわる重要事項。

 川崎市の18歳以上の住民は、3月末現在で約112万2000人。このうち投票資格を持つ外国人は約1万9000人。阿部孝夫市長が2001年に初当選する際、市民参加の行政の一環として公約に掲げていた

(注)☆は、褒の保が非
2008/06/19 12:59 【共同通信】
------------------------
引用終わり




共同の記事です。
また、川崎市ですな。
上記記事に出てくる「川崎市ふれあい館」とやらを調べてみるとわかりますが、これ、川崎市の施設なんでWEBサイトに思いっ切り出てます。んで、しょっぱなにこう書かれてます。


川崎市ふれあい.jpg川崎市ふれあい2

日本人と韓国・朝鮮人を主とする在日外国人が、同じ川崎市民としてこどもからお年寄りまで相互のふれあいをすすめる場です。
民族文化についての講座や各種行事を行うほか、会議室・文化交流室なども利用できます。


日本人と韓国・朝鮮人を主とする在日外国人がメインと書かれてますな。在日超賤人にとって、物凄ぇ好待遇な施設のようです。ちなみに川崎市ふれあい館条例(←クリックで飛びます)ってのがあって、その条例の第1条にもこう書かれてます。



川崎市ふれあい館条例

(目的及び設置)
第1条
日本人と韓国・朝鮮人を主とする在日外国人が、市民として相互のふれあいを推進し、互いの歴史、文化等を理解し、もって基本的人権尊重の精神に基づいたともに生きる地域社会の創造に寄与するため、川崎市ふれあい館(以下「ふれあい館」という。)を設置する。


川崎市民の皆さん。
市民としての相互のふれあいだの基本的人権の尊重だのホザいてますがね、姦酷・超賤人がメインとなる施設なんて完璧な外国人差別ですよ。上記記事をもう一度読み返してみましょう。

-----------------
在日韓国人2世で、外国人と地元住民の交流施設「ふれあい館」(川崎市)館長の☆重度(ぺ・チュンド)さん(63)は「当然の権利で、喜ばしい結果だ。在日外国人が行政参加するための第一歩」と評価した。
-----------------


自分の税金を使ってまで姦酷・超賤人を優遇する理由って何ですかね。在日超賤人を優遇するために必死になって働いてね。

川崎市民の皆さん。
ちょいと目を覚ましたらどうです。
川崎市は在日天国と言われてる土地ですよ。
これで、益々、在日超賤人にとって都合が良いコミュニティが出来上がります。
自分の子が大人になった時、両親同様、在日超賤人のために必死になって働くわけです。











































それが

望むべき幸福か





阿部孝夫川崎市長
阿部孝夫川崎市長に対する苦情の宛先
(↑クリックで飛びます)


管理人血祭にメールする


特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |

井の中の蛙、大海を知れ!


井の中の蛙

大海を知れ!


(↑クリックで飛びます)

中央日報20080617-01中央日報20080617-02

引用開始
------------------------
韓国IT・韓流は‘アジアの蛙’
米国は冷淡


ソフトパワーを正しく評価するためには外部の評判や好感度だけでなく、自信もともに考慮されなければならない。

韓国人はスポーツ・歴史・文化に対する自負心が政治経済的な成就に対する評価よりも優勢であることが分かった。 しかしスポーツ・歴史に対する自負心は中国や日本でも高く表れた。 結局、これら領域での行き過ぎた競争は「過剰民族主義」として表出する可能性があり、国家間の葛藤の素地になることも考えられる。

韓流熱風は文化領域で韓国人の自信を高め、韓国の大衆文化を眺める外部の見方も変わった。

しかし韓流の魅力はベトナムや中国では通用したが、米国人を魅了するには力不足だった。 また人的資源および知識基盤領域での韓国に対する評価は米国・日本に大きく及ばず、中国よりも低かった。 情報技術(IT)強国という自負心にもかかわらず、韓国の科学技術に対する成就も高い評価を受けることはできなかった

韓国は政治・外交領域で産業化と民主化を最短期間に達成した国として開発途上国のベンチマーキング対象になっている。 しかし政治体制および経済的成就に対する韓国人の自負心は非常に低かった。 10人のうち8-9人が否定的に評価した。 こうした評価は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府に対する失望感と国内政治に対する否定的な認識が「政治嫌悪」水準に到達したためとみられる。 韓国のソフトパワー強化のためには政治的な冷笑主義克服や民主化過程のブランド化などが必要と判断される。

経済領域では高度経済成長による期待はあるが、その恩恵を十分に受けられなかったという不満とはく奪感が高かった。 また三星(サムスン)・LGなど世界的に成長した企業イメージが韓国製品全体のブランド価値を高めるのに寄与しなかった側面がある、という回答が多かった。 中でも米国人と日本人は韓国製品の品質に対して否定的だった。 韓国との経済関係が自国経済に及ぼす影響力と自由貿易協定(FTA)相手国として韓国の魅力が相対的に低く評価され、経済的なソフトパワーは不足していることが明らかになった。 半面、韓国人は自国製品に対して強い愛着と自信を持ち、中国や東南アジア国家では認められていることが分かった。

さらに激しくなった地球村のソフトパワー競争では、外部の評判と国家自負心の好循環構造の中で国家の魅力度を高めることが非常に重要だ。 韓国も例外ではない。 特に周辺強大国とのハードパワー格差に比べソフトパワー格差がはるかに小さいという点は「北東アジア小国」の韓国がなぜソフトパワー強国の道を選択しなければならないのかという点に対して解答を提供している。

中央日報 Joins.com
2008.06.17 16:46:17
------------------------
引用終わり




中央日報の記事です。
また、面白ぇ事を言ってますな。


自分達が出した結果より自負心が優勢というのは姦酷人の特徴です。例を挙げればキリがないんですが、例えば、これを見てみましょう。


「iPhoneそっくり携帯」を続々・
サムスンの世界戦略


(↑クリックで飛びます)

抜粋開始
------------------------

アップルが3G対応の第2世代「iPhone」を発表した。世界中がiPhone 3Gの破壊力に戦々恐々とするなか、サムスン電子は今月、米スプリント・ネクステルから「Instinct (SPH-M800)」を発売する。米国では「iPhoneにそっくり」「iPhoneキラー」などと、この2つの端末を比べる記事やブログの書き込みがあふれているようだ。(IT先進国・韓国の素顔

■iPhoneを意識して布石
スマートフォンでは早くからiPhoneを意識した端末を発売してきた。

■韓国でiPhoneが発売しにくい理由
韓国政府はモバイルインターネットが使えるすべての端末にWIPI(Wireless Internet Platform for Interoperability)という、韓国の国策事業として開発した独自のOSの搭載を義務付けている。このOSを追加することで端末の値段が高くなってしまう、または機能が制限され端末のインターフェースを変更しなくてはならない、といった理由から、海外の端末メーカーは韓国での販売をためらってきたのである。
------------------------
抜粋終わり



とまぁ、これなんか良い例なんじゃねぇかと思うんですが、どうでしょう。姦酷人は、これに関して「ウリ達は凄いニダー!マンシェー!」でしょうが、我々からすると「またパクリか。」という評価にしかなりません。ちなみに、この記事は”IT先進国・韓国の素顔”というページから拾った物です。姦酷人の自負心と周りの評価にかなりの温度差があるという典型的な例ではないかと思います。

また、過剰民族主義がどうのこうのと言ってますが、「ウリ達は”世界最高ミンジョク”ニダー!」と信じて疑わないレベルの民度ですよ。今頃、何を言ってるのかと言いたくなりますな。

自分達のアイデンティティーを保とうとしてるのか、「 韓国は政治・外交領域で産業化と民主化を最短期間に達成した国として開発途上国のベンチマーキング対象になっている」と書いてますな。これまた、姦酷人にとっては「ウリ達はお手本になってるニダ!マンシェー!」でしょうが、我々にとっては「途上国がいきなり先進国になれるわけねぇだろ。当面の間、手が届きそうな国である姦酷をベンチマークしてるだけじゃん。」となります。

こうやって考えてみると、姦酷人と我々の温度差って大きいんじゃねぇですかね。極めつけは、姦酷はいつも先進国を見てますが、先進国はいつも姦酷を見てるわけじゃねぇってとこです。つまり、姦酷人が考えるほど姦酷って国は有名じゃねぇんですよ。


英語で姦酷の事を”South Korea”というのに対して、北超賤は”North Korea”と言います。

少なくても、私が知る外国人の友人達にとっては、
















































KOREAN

||

KOREAN



管理人血祭にメールする


特別編 | コメント:2 | トラックバック:0 |

見上げたモラル


見上げたモラル


(↑クリックで飛びます)

アサヒる新聞20080615

引用開始
------------------------
朝日新聞社員を
傷害の疑いで現行犯逮捕


2008年6月15日19時25分
 警視庁築地署は13日、朝日新聞東京本社のグループ戦略本部長補佐平井隆昭容疑者(56)を傷害の疑いで現行犯逮捕した。

 調べでは同日午後11時25分ごろ、東京都中央区銀座8丁目で、男性タクシー運転手(60)の顔を拳で殴り、けがをさせた疑い。同容疑者は客を乗せることのできない場所でタクシーに乗り込み、断られると、腹を立てて殴ったという。同容疑者は酒を飲んだ後だった。
------------------------
引用終わり





アサヒる新聞の記事です。
アサヒった社員が逮捕されたようですな。
ちょいとyomiuri onlineの記事も載せておきましょう。
yomiuri onlineの記事との比較です。

詳細


(↑クリックで飛びます)

読売20080615

引用開始
------------------------
朝日新聞本部長補佐を逮捕
…タクシー運転手殴る


警視庁築地署が、朝日新聞東京本社グループ戦略本部長補佐、平井隆昭容疑者(56)(横浜市青葉区すみよし台)を傷害の疑いで現行犯逮捕していたことがわかった

 同署幹部によると、平井容疑者は13日午後11時20分ごろ、中央区銀座8の路上に停車していたタクシーの車内で運転手の男性(60)の顔を数回殴って軽傷を負わせた疑い。

 通報で駆け付けた同署員に取り押さえられた。平井容疑者は「もみ合っただけで、けがはさせていない」と容疑を否認しているという。

 平井容疑者は酒を飲んでおり、別の客を降ろしたタクシーに乗り込んだが、乗車禁止場所だったため、運転手から「ここでは乗れません」と言われたことに腹を立て、殴りかかったという。

 朝日新聞広報部は「幹部社員が逮捕されたことを重く受け止めている。警察の調べを待って厳正に対処する」とコメントしている。

(2008年6月15日20時40分 読売新聞)
------------------------
引用終わり




いやぁ、さすがはアサヒる新聞の幹部ですな。乗車禁止エリアで乗車しようというルール無視。さらに、正しい行いをした運転手に対し暴力を行使と、アサヒる新聞全社員の鑑といえるモラルです。アサヒる新聞にとって、正しい事は”悪”であり、アサヒる新聞にとって都合が良い事が”善”ですから、何処ぞの半島に住む蛮族と共通点がありますな。


さて、どうですかね。
アサヒる新聞社員の蛮行が最近に始まった事じゃねぇのは皆さんすでにご存じの通りです。では、何故この記事を取り上げたのかというと、googleで”平井隆昭”を検索してみると、しょっぱなから個人ブログがヒットしたからです。しかも、各ブログは上記の記事を扱ってます。ニュースサイトより先に個人ブログがヒットするってのは、まぁ、タイミング的な物もあると思いますが、少なくてもアサヒる新聞に注目(監視的な意味で)してる人がいると解釈する事が出来ます。


アサヒる新聞社員平井の検索結果
平井隆昭”の検索結果



ついでですから、”島本光規”もチェックしてみますかね。

血祭:
島本光規
テレビアサヒる報道局ニュース情報センター社会部の司法担当記者。
今年5月15日、東京都港区南青山の表参道交差点付近の路上で、ズボンのファスナーを 降ろし通行中の20代女性に向かい下半身を露出し逮捕。逮捕時も勤務中であり、飲酒はしていなかった。


テレビ朝日社会部記者の島本光規
島本光規”の検索結果



あらっ!
やっぱり個人ブログがヒットしますな。
もう一発、行きますよ。
今度は、”相沢泰文”と”松永智和”です。

血祭:
相沢泰文 松永智和
朝日新聞北大泉販売所(東京都練馬区大泉町)従業員。販売所で配達中止の連絡メモを見て、空き巣に入っていた。松永容疑者は2004年5月27日、相沢容疑者は同年5月26日に逮捕された。



朝日新聞北大泉 東京都練馬区大泉町 販売所従業員相沢泰文
相沢泰文”の検索結果


おおっ!
何と、こちらは鍵屋さん(←クリックで飛びます)の「犯罪事例」として取り上げられてます。

さて、どうです?アサヒる新聞の幹部、テレビアサヒるの社員、そしてアサヒる新聞販売員を取り上げてみましたが、アサヒるグループの社員ってことごとくアサヒってますな。しかも、皆さんよくアサヒる新聞関係者の事を見てます。非常に良い傾向であると思います。

ちょいと、アサヒる新聞関係者にこういうサイトが有ると言うのを知っといて貰いてぇですな。有名なサイトなんで知ってると思いますが、まだアサヒるに染まってねぇ人もおられるかも知れねぇんでね。んで、我々はアサヒる新聞をちゃんと見てるんだという事を理解して貰いてぇもんです。


ついでに、我々はアサヒる新聞に対して、正しい認識を持ってるという事も知っといて貰いましょう。










































アカが書き

ヤクザが売って

バカが読む

朝日新聞



管理人血祭にメールする



特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アサヒる新聞のビックリ記事




アサヒる新聞の

ビックリ記事


(↑クリックで飛びます)

アサヒる新聞20080613-01アサヒる新聞20080613-02

引用開始
------------------------
帰還事業めぐり
脱北者女性が朝鮮総連を提訴
大阪地裁


2008年6月13日
北朝鮮への帰還事業で同国に渡った後、苦痛を受けたのは「地上の楽園」とうたって事業を支援した在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の責任だとして、脱北者の女性が13日、朝鮮総連に慰謝料など約1100万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

 訴えたのは大阪府八尾市に住む韓国籍の高政美(コ・ジョンミ)さん(47)。

 訴状によると、大阪市出身の高さん一家は1963年、「北朝鮮へ行けば心配なく生活できる」などとする朝鮮総連の宣伝を信じて帰還事業に応じ、在日朝鮮人の母親ら7人で北朝鮮へ渡った。しかし、母は早朝から夜遅くまで建設用の石集めなど過酷な労働を強いられ、養父はスパイ疑惑をかけられて拷問された。高さん自身も学校で「チョッパリ(日本人の蔑称(べっしょう))」と呼ばれ、服を脱がされるなどのいじめを受けた。

 結婚後の95年には、餓死した人の遺体処理に従事させられた。翌年、金を貸した男性が外貨稼ぎで問題を起こして連帯責任を負わされた後、2人の子どもとともに00年、脱北を試みて失敗し、強制収容施設で殴るけるの拷問を受けた。03年に中国経由で脱北に成功し、05年7月に日本に戻った。

 高さんは提訴後に記者会見し、「朝鮮総連は大うそをついてだまし、組織的な誘拐をした。責任をとるべきだ」と泣きながら訴えた。

 帰還事業をめぐっては、62年に脱北した韓国在住の男性が01年6月、朝鮮総連に損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。しかし、同地裁は民法上の債権を請求できる権利は時効(10年)で消滅したとして請求を棄却し、最高裁で確定した。今回の提訴で高さん側は、05年3月に中国にある日本の在外公館で保護された時点から起算して請求できると主張している。

 提訴後、朝鮮総連は「同じような訴えを棄却した判例がすでにある。今回の訴えは同胞社会と日朝関係に害を与える以外のなにものでもない」とのコメントを出した。


〈帰還事業〉1955年結成の朝鮮総連が「北朝鮮帰国運動」の推進を決議し、「地上の楽園への人道の航路」とうたって帰還を進めた。鳩山一郎元首相ら自民、社会、共産の国会議員も超党派で「帰国協力会」を結成。59年、岸信介内閣の閣議了解で赤十字国際委員会に仲介を依頼することなどを確認して、事業が動き出した。事業終了の84年までの間、在日朝鮮人ら9万人余りが北朝鮮へ渡った。官民あげての事業を、当時の新聞報道も「国交がなくても帰りたい人を帰すべきだ」などと後押しした。
------------------------
引用終わり



はぁ?




超賤根性丸出しのアサヒる新聞の記事です。
自分らで必死に北超賤を地上の楽園と讃え、帰還事業を推進しておきながら、今になって日本政府の仕業と言い出しました。
しかも、自分達の事は棚に上げ、「当時の新聞」という言い回しを使ってやがります。

相変わらず、フザけてやがりますな。なら、当時の新聞を代表して朝日新聞の報道を見てみましょう。残念ながら、ウチの地元の図書館には記事を載せてる資料がなかったので、”朝日新聞記事総覧 13(昭和35年自1月至12月)”でチェックします。これは、記事の見出しをまとめたものです。



朝日新聞記事総覧昭和35年02朝日新聞記事総覧昭和35年01
朝日新聞記事総覧昭和35年


朝日新聞19600226外交欄01
夢も芽生える北朝鮮帰還


朝日新聞19600226外交欄02
希望者ふえる一方


朝日新聞196004外交欄
北朝鮮の帰還受け入れ完全
岩本、帆足両氏帰国談





ネット検索してみたら、こんな記事を見つけました。



北朝鮮帰国事業の罪


(↑クリックで飛びます)

引用開始
------------------------
朝日新聞は
北朝鮮帰国を煽った
代表的マスコミです。


「虚報の構造オオカミ少年の系譜」 井沢元彦 1995年 小学館 
なぜ在日朝鮮人は、「凍土の共和国」へ続々と帰国していったのか。それは朝日を中心とする大新聞が、盛んに「北朝鮮よいとこ」という虚報を流し、帰国熱をあおったからである。たとえば、昭和35年(1960)2月26日付の朝日新聞朝刊では、「希望者ふえる一方」との大見出しで、

(北朝鮮への)「帰還希望者がふえたのはなんといっても『完全就職、生活保障』と伝えられた北朝鮮の魅力らしい。各地の在日朝鮮人の多くは帰還実施まで、将来に希望の少ない日本の生活に愛想をつかしながらも、二度と戻れぬ日本を去って"未知の故国"へ渡るフンギリをつけかねていたらしい。ところが、第一船で帰った人たちに対する歓迎ぶりや、完備した受け入れ態勢、目覚ましい復興ぶり、などが報道され、さらに『明るい毎日の生活』を伝える帰還者たちの手紙が届いたため、帰還へ踏みきったようだ」


こんなことを、日本で最も「信頼」されている天下の大朝日が書いたのである。しかも、これは特殊な例ではなく、この論調の記事は何度も書かれている。こういう記事を読み、自らの迷いに「フンギリ」をつけ「祖国」に渡って行き、過酷な弾圧と労働で死んでいった人々も大勢いるはずである。朝日は、一体こういう人々に、どう責任を取るつもりなのか。これは誤報ではない。明らかな虚報である。というのは朝日は戦後一貫して、共産圏の国々の真の姿を決して伝えようとはしなかったからである。そして、最も肝心なことは、こういう虚報が現在に至るまで一度も公式に訂正されたことはなく、しかも責任を取ってやめさせられた記者も一人もいないことだ。
------------------------
引用終わり




当時の新聞報道も「国交がなくても帰りたい人を帰すべきだ」などと後押しした。



当時の報道も後押しした・・・。
























































その通りだな

朝日新聞よ



管理人血祭にメールする


特別編 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。